プライバシーポリシー

当サイトは、グーグルのgoogle adsenseや、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトなどの広告配信を行っております。当サイトにおける個人情報の取り扱いについては下記の通りとなっております。

・ 当サイトでは、ユーザーがページをご覧になったりする際に、ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。

・ 当サイトで取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。

・ 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集され、それ以外の用途には使用いたしません。

・ ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することができます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。

訪問者のプライバシーは非常に重要なものです。このプライバシーポリシーの文書では当サイトでどのような個人情報をどのように使用しているのかについて説明します。

ログファイル

他の多くのWebサイトと同様に、当サイトではアクセスログをとらせていただいております。アクセスログファイル内の情報は IPアドレス、ブラウザの種類、インターネットサービスプロバイダ( ISP ) 、日付/タイムスタンプ、 出口ページ、クリック数等、当サイト周りでの訪問者の動向を統計情報として分析させていただくためのものであり、個人の情報を特定できるものではありません。

クッキーおよびWebビーコン

当サイトでは訪問者についての情報を収集する手段としてCookieを使用いたします。これは訪問者の閲覧ブラウザーの種類やその他の情報を収集し訪問者のネット環境にあわせて当サイトの表示方法をカスタマイズするためです。

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する他のサイト(楽天市場、Amazon、Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて、興味のある広告を配信しています。そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。個人情報を当方が取得したり、電話、手紙などによる営業などを当方からは一切行いません。

新着記事

  • 赤穂四十七士・主君への想い~12月14日「吉良邸討入り」の真相
    1702年(元禄15年)12月14日、後世の世にまで語り継がれることとなる大事件が勃発する。 赤穂事件というこの事件は旧赤穂藩士四十七人による江戸幕府奥高家・吉良上野介の殺害事件である。 この事件は1701年(元禄14年 […] …
  • 青木昆陽~ひとりでも多く救うために 大飢饉と闘った人たち
    青木昆陽(あおき-こんよう)は、元禄11年5月12日(1698年)江戸日本橋の魚問屋に生まれ、農学者としてサツマイモの栽培普及に尽力し、蘭学者としては後に蘭学を志す学者に影響を与えた人物である。 甘藷先生や芋神さまと呼ば […] …
  • 和宮親子内親王 副葬品の写真は誰のもの?
    歴代徳川将軍の中で写真が残っているのは、第15代・徳川慶喜(1837年~1913年)のみである。 「最後の将軍」となった彼は、写真を趣味とし、隠居していた静岡で、自身の姿のみならず多くの作品を残した。 しかし、この世に彼 […] …
  • 「小太刀日本一」佐々木只三郎と楠葉台場
    慶応4年(1868年)、鳥羽伏見の戦いの最終局面で、楠葉台場(くずはだいば)が登場致します。 この楠葉台場にて、果敢に戦った雄の一人に、佐々木只三郎公がおられます。 京都近江屋にて、坂本龍馬公と中岡慎太郎公を暗殺したとさ […] …
  • 両国の歴史と成り立ち 江戸を大切にする街・赤穂浪士や勝海舟ゆかりの地
    両国の成り立ち 江戸開府当初は、まだ未開だった両国が地名として定着したのは、万治2年(1659年)隅田川に二番目の橋が架けられた以降のこととなる。 江戸幕府は、防衛上の理由から隅田川の架橋を認めなかったが、明暦3年(16 […] …

 ※当サイトの各ページへのリンクや、RSS取得などでのまとめサイト掲載、引用タグ使用でのブログ掲載などは、許可不要で自由です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る