幕末歴史研究会 無料会員募集案内

 幕末好きが集まる「幕末歴史研究会」では、江戸末期~明治維新を中心とした歴史にご興味のある方を募集致しております。
 2015年1月より募集開始し、10月末現在で会員数は10名様とこれからもご加入が増えると予測致しております。
 今ならまだ初年度加入メンバーですよ。

 

活動内容

 幕末・維新風雲伝ホームページでの研究内容発表・討論
 各記事のコメント欄を使用した意見発表や討論会を致しますので、最低でも毎月1回のコメント欄を使用したご発言が確認できないと、会員資格が失効致します。
 また、ご希望であれば個人寄稿も承ります。

 現地訪問会 (不定期開催)
 東京・神奈川が中心ですが、各会員様にて全国で企画可能です。
 日にちを決めて参加者を募集するのではなく、先に企画内容を決定します。
 そして参加希望者を募り、日程は皆様のご都合をお伺いして、希望者の8割以上の皆様のご参加が見込める日にちにて実施する方式ですので、お忙しい方でもご参加頂きやすい内容となっています。
 ※ご参加は強制ではありませんので、外国や遠方にお住まいの方でも大丈夫です。

 交流 (常時)
 SNSなどをなさっている会員様同士での交流可能。ただし、参加は強制ではありません。
 また、幕末風雲大喜利の「お題」のご提案も承ります。

 オリジナル会員証、個人名刺の作成
 ご希望の方には、会員様個人の名刺や会員証も発行可能です。

 電子書籍の発刊
 各会員様の電子書籍販売の格安サポートも可能。歴史に関係なくてもOKです。
 楽天kobo、Amazon kindle、iBooksにて販売され、売上に応じて印税が入りますよ。
 ※会員様は20%割引にて承ります

 テレビ番組・新聞社・雑誌などへの紹介
 意外と、マスコミなどから武将などに詳しい方の紹介を依頼されることがございます。
 その時には、会員の皆様にご連絡させて頂きます。

 会員様独自企画
 その他、催しなど会員様による企画が可能ですので、ご提案賜りますと幸いです。
 また、他の研究会様との提携募集も致しております。

会員様

 mikacyanさん

 ※掲載は希望者のみで、リンクはSNS関連のみ可能です。

会員資格

 日本語がお話しできる方
 ※外国人の方は日本語勉強中でもOKです
 年齢・性別などは問いませんが、連絡などの為、メールアドレス(携帯アドレス可)は必須となります。

入会金・年会費

 入会金・年会費 無料

 ※運営は皆様からのご寄付により成り立っております。
 ※また、会員証や個人名刺作成、オリジナルTシャツなどはご希望者のみに有料販売し、一部は運営費に使用させて頂いております。
 ※冷やかしや営業・勧誘なども多いため、大変恐れ入りますが、事務局住所や担当者名などの一般公開は控えさせて頂いておりますのでご了承願います。

入会申込・お問合せ

 新規ご入会お申込は下記よりご送信願います。
 メールアドレスの間違えが多くなっておりますので、お間違えないようにご注意願います。
 受信が成功しますと、自動で折り返し最初のメールをご送信致しております。

 ※当方に携帯・スマホのドコモメール、auメール、Softbankメールにてご連絡頂ける場合には、ご送信前に、sakura.ne.jp と yahoo.co.jp のドメインメールを受信するの設定を事前にお願い申し上げます。メール返信しても連絡不能な方は、このHP内に明記させて頂く事がございます。
 ※問題ないメールにもかかわらず、ご利用者様側の設定などにより、迷惑メールとして自動処理されてしまう事がございますので、届かない場合には、迷惑メールをご確認のうえ、迷惑ではない(ホワイトメール)の設定をお願い申し上げます。
 ※アドレス変更と退会する場合には、後日配信されるメール内の「変更・退会する」より、可能となります。
 ※登録時にメールアドレスを間違えた可能性がある場合には、改めて新規にてご登録をやり直してください。

会員登録フォーム

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


 スポンサーリンク

新着記事

  1. 前野良沢(まえの-りょうたく)は、福岡藩士・源新介の子として、江戸時代の1723年に生まれました。 …
  2. 日本の医学は奈良時代に中国から輸入されて以来、漢方医学に支えられてきました。 明治8年(1875)…
  3. 北朝鮮のニュースや報道で、度々目にします、北朝鮮国旗デザインのバッチですが、はたしてどのような立場の…
  4. 西郷隆盛の父や母、弟や妹ら兄弟、そして3人の妻と子供など、西郷家の家族をまとめてみました。 この一…

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る