浮田幸吉の解説 江戸時代に「鳥人」と呼ばれた男の大空への夢

浮田幸吉



浮田幸吉(うきた-こうきち)は、世界で初めて空を飛んだ、江戸時代中期の日本人。
世界で初めて有人動力飛行を成功させた人物としては、ライト兄弟が有名であろう。
ライト兄弟が動力による有人飛行を成功させる以前にも、ジョージ・ケイリーやオットー・リリエンタールといった工学者によって、ハンググライダーでの有人滑空が行われていた。

ところが、浮田幸吉はジョージ・ケイリーの実験よりも60年以上、オットー・リリエンタールよりも100年以上も前に空を飛んでいたのだ。
今回は、大空へのロマンを抱いた浮田幸吉の人生に迫ってみたい。

浮田幸吉

1757年(宝暦7年)~1847年(弘化4年)
備前国児島郡、現在の岡山県玉野市の八浜にて、旅館「櫻谷」を営んでいた、浮田清兵衛の次男として生誕。
7歳で父の清兵衛が死去。
それ以後、幸吉は親族の傘屋や紙屋で奉公し、表具師としての修業を積む。
同時期、歯医者であった客先へ出入りするうちに、入歯の加工技術も習得する。
こういった、エンジニアとしての能力が、後の飛行機具製作のための礎となるのであった。

旭川・京橋での飛行実験

表具師として働いていた幸吉は、仕事の合間にたびたび近くの寺の境内を訪れては群がるハトを眺め、次第に大空を舞う夢を抱いていくのだった。
そして幸吉はハトを捕まえ、鳥のように空を飛ぶためのメカニズムを研究する。

ハトを基に研究を始めた幸吉は、重量や羽の大きさなどから、自らが空を飛ぶためにはどのような翼を作れば良いかを検討していく。
それから幸吉は鳥のような翼を作り、両腕で羽ばたいて空を飛ぶ実験を試みる。
しかし、人間の体重で鳥のように羽ばたいて飛ぶには、腕力が足りないという結論に至った。



それから幸吉は、トビや鷹のように大きな翼を広げて滑空する、後に開発されるグライダーのような飛行機具の製作に取り掛かる。
人間の重さに耐えうる翼の大きさを計算して導き出し、試行錯誤を繰り返して製作したのが長さ9メートル、幅2メートル程の機体であった。

機体の構造は、骨組みに竹を使用し、紙と布を張り合わせるという、表具師としての技術を活かして作られている。
さらに、強度を高めるために表面の塗料には柿渋が用いられた。

そしてついに、1785年(天明5年)夏の夕刻、岡山の旭川に架かる京橋にて飛行実験が行われた。
浮田幸吉、29歳のときである。

欄干より飛び立った幸吉は風に乗り空を舞う。
その飛行距離は30メートルから50メートル、飛行時間は約10秒間と伝えられている。

しかし、当時河原で町民が夕涼みをしており、幸吉の飛行実験を見て大騒ぎとなってしまう。
それが原因で岡山藩士に捕らえられ、所払いの処分となった。
つまり岡山から追放されたということである。
本来ならば死罪となっていてもおかしくはないほどの罪であったが、時の岡山藩主・岡田治政が前衛的な志向の持ち主であったため、所払いの罰で済んだとされる。

その後の浮田幸吉

故郷の岡山を追われた幸吉は、駿河国駿府、現在の静岡県静岡市へと移り住む。
そこで木綿の製品を手掛ける店を開き、備前屋としての成功を収める。
そして幸吉は、兄の長男を養子とし、跡継ぎに迎え入れた。
自らは入歯技師としての技術を活かし、歯医者を営むようになり「備考齋」と名乗った。
静岡では明治頃まで歯医者のことを備考齋と呼んでいたという。

しかし、旭川・京橋での飛行実験より20年余り、木綿商や入歯商をやっていた間も幸吉は、再び空を舞う夢を捨てきれないでいた。
そんな幸吉は、駿府でも安部川の河原にて飛行を試みたのだ。
それにより、また役人に捕らえられてしまい、駿府からも追放されるのだった。

その後幸吉は、以前入歯の世話をしたことがあり、清水次郎長の兄貴分でもあった大和田友蔵との縁により、現在の静岡県磐田市である遠江国(遠州)の見付宿に身を寄せることとなる。
幸吉はこの地で飯屋を営むようになり、ようやく妻を迎えた。
そして飯屋の商いは妻に任せ、自らは入歯技師としての余生を送ったとされる。

こうして、1847年(弘化4年)、浮田幸吉は91歳でこの世を去った。

それから、150年の時を経た1997年(平成9年)、池田治政の子孫に当たる、池田隆政(当時の旧岡山藩主である池田家当主)によって、幸吉は岡山所払いが許されることとなった。



ライト兄弟やオットー・リリエンタールよりも、100年以上も前に空を舞った鳥人幸吉。
10秒程の飛行で、彼はどのような光景を目にしていたのであろうか。
彼が大空に描いたロマンは、ライト兄弟やオットー・リリエンタールを経由し、当たり前のごとく空を飛べるようになった、現代の人々が観る光景と異なるはずはない。

(寄稿)探偵N

共通カウンター



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る