三井高長~三井室町家の当主【あさが来た】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」にも登場するであろう、三井高長と言う人物について調べてみた。

 三井高長は三井13家である三井室町家の当主(三井財閥一族の伊皿子家八代目)であったが、若い頃から遊んで暮らしていたようだ。
 明治維新の際、東京に出た広岡浅子に、宿を貸している。

 その後、混迷期に倒産すると、のちに広岡浅子が買収した九州の炭鉱に、世話をしてくれる女性と共に移り住み、工夫として働いていた。
 その女性は、屑石炭を拾って生活しており、広岡浅子が炭鉱を訪れるようになると面識があった。

 その後、炭鉱が爆発して15名が命を落とした中に、この三井高長がいたことを、被害者の名簿を見て、広岡浅子は初めて知る事となる。

 ちなみに、三井高長の三女・博子が、トヨタ自動車を創設した豊田章一郎に嫁いでいる。

 ※これ以上、詳しい事が現時点では不明ですが、新しい事が分かり次第、加筆して参ります。また、情報をご存知の方がおられましたら、是非、コメント欄より教えて頂けますと幸いに存じます。

 →今井あさ/三井浅子(広岡浅子)に関してはこちら
 →あさが来た~キャスト一覧/出演者一覧

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る