松平直諒とは~有能な大名で地元で善政を敷いた出雲広瀬藩主


スポンサーリンク
スポンサーリンク

松平直諒(まつだいら-なおあき/なおよし)は、出雲広瀬藩の第8代藩主・松平直寛の長男として、1817年(文化14年)10月5日に生まれた幕末の大名です。
幼名は大助で、母は日向延岡藩主・内藤政韶の娘です。

広瀬藩の松平家は松江藩の支藩で3万石であり、戦国時代に尼子氏の本拠だった月山富田城の城下町である広瀬地区に広瀬陣屋に置いていました。
江戸時代となって、1666年に松平家の松江藩初代藩主・松平直政(結城秀康の三男)の次男・松平近栄が分与されて立藩したのが始まりです。

松平直諒の正室は、尾張支流・松平義和の娘・宣姫です。
継室は青山忠良の娘・銑姫とあり、子としは大橋某室となった娘、伊予今治藩主・松平定法の正室になった娘がいます。

スポンサーリンク


官位は従五位下で、松平佐渡守直諒とも書きます。

なお、歴代の藩主はほとんど江戸藩邸にいたようですが、父が亡くなった1850年に家督を継ぐと、有能な松平直諒は広瀬に入って、善政を敷いたと言います。
特に、製糸業や製油業、和紙、鋳物、陶器、織物(広瀬絣)などの産業を奨励した他、俳諧・絵画・書道と言った文化も奨励などし、領民に慕われた名君であったとされます。

号に沾嶺、玉峯、浩斎があります。
文久元年(1861年)9月5日(異説として7月19日)に、松平直諒は広瀬にて死去しました。享年45。

嫡子がいなかったため、跡は弟・松平直巳が継いでいます。

広瀬・松平家の菩提寺は、月山富田城の菅谷口にある臨済宗の寺院「城安寺」で、山門(トップ写真)は松平直諒の寄進によるものです。

尼子十勇士の絵巻物も所有する城安寺の向かいに「お墓山」と呼ばれる丘があります。
この墓地となっている小高い丘のうえに、松平直諒の墓がありました。
城安寺の境内にある訳ではないので、ご注意を。

駐車場ですが、城安寺の前にある駐車スペースにクルマを止められます。

松平直諒の墓がある場所は、当方のオリジナルGoogleマップにて、登り口を印させて頂いております。

この付近は、月山富田城だけでなく、山中鹿之助関連の史跡も多く、戦国時代の見どころがたくさんあります。
足立美術館も良いですよ。

尼子経久・尼子晴久・尼子義久~月山富田城と尼子盛衰記
山中鹿之助 (山中鹿助、山中幸盛)~尼子家再興に忠義を尽くした名将
足立美術館の魅力ある日本庭園は生きた絵画だったの巻
山陰地方の史跡・城跡・観光名所へのカーナビにも便利な地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る