タグ:水戸藩

  • 野村彝之介 水戸藩士

     野村彝之介(のむらつねのすけ)は、1824年生まれの水戸藩士。  父は野村則行。母は石川喜昌の娘で、その長男。  家禄は100石で、水戸藩では北郡奉行を務め、尊王尊攘運動に参加した文武両道の人物であった。 (さ…
  • 西丸帯刀  尊王攘夷を唱え丙辰丸の盟約を交わした水戸藩士

     西丸 帯刀(さいまる たてわき)は常陸国北部磯原村(現・茨城県北茨城市)の旧族郷士・野口北水の次男として1822年に生まれた。幼名は義勝、諱は亮、号は松陰。  野口家は徳川綱條の代に野口市蔵が郷士になっていた。 …
  • 徳川慶篤  天狗党を活かせなかった水戸藩主

     徳川 慶篤は、水戸藩主・徳川斉昭の嫡男として、1832年5月3日に水戸藩上屋敷にて生まれる。幼名は鶴千代麿。  母は登美宮吉子女王。  父・徳川斉昭は尊王攘夷派で、積極的に水戸藩の藩政改革や、軍事力の近代化を図…
  • 田中愿蔵 天狗党・筑波山の麓にある普門寺から出陣

    水戸天狗党の乱は、筑波山挙兵に始まった。 藤田小四郎(藤田東湖の四男)は、幕府に即時鎖港を要求するため、非常手段をとることを決意。 北関東各地を遊説して軍用金を集め、元治元年3月27日(1864年5月2日)、筑波…
  • 徳川斉昭  水戸藩の9代藩主

     徳川斉昭に関して、幕末期の動向に絞り、詳しくご紹介する。  3男で部屋住みの身分であったが、水戸藩第8代藩主・徳川斉脩が亡くなった際、藤田東湖・会沢正志斎ら藩内の志士が徳川斉昭を推挙。  この徒党は反対派から「…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 中根雪江 中根雪江(なかね-ゆきえ)は、1807年7月1日に、700石の福井藩士・中根孫右衛門…
  2. 岡本健三郎(おかもと-けんざぶろう)は、幕末の1842年10月13日に土佐郡潮江村(高知市)にて生ま…
  3. 永井尚志(ながい-なおゆき)は、幕末に活躍した江戸幕府の旗本です。 父は、、三河奥殿藩(岡崎市)の…
  4. 安藤百福(あんどう-ももふく)さんは、自宅の庭に小屋を建てて、インスタントラーメンの研究を行い、19…

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る