タグ:水戸藩

  • 水戸学

    幕末動乱の元凶は水戸学に有り

    欧米列強の脅威を前に国内を二分し、同胞同士が争うことになってしまった幕末。 徳川家康が天下統一を果たして以来、250年もの長い間、盤石であった徳川幕府を滅ぼしたのは、「尊皇攘夷(そんのうじょうい)」を掲げた下級武士…
  • 芹沢鴨とは 壬生浪士組筆頭も暗殺されるその要因は?

    芹沢鴨(せりざわ-かも)は、水戸藩の浪士であるが、出自や生年には諸説あり謎が多い。 北茨城市の神官である下村祐斉義次の娘と結婚し「下村嗣次」と言う名が前名とされ、1860年頃は玉造勢に加わり、石岡や潮来の豪商・豪農から…
  • 近衛忠熙の解説 温厚にして権勢を笠に着ることなかった幕末の公卿

    近衛忠熙(このえただひろ)は、江戸時代後期の公卿・近衛基前の子として1808年7月14日に生まれた。 母は尾張藩主・徳川宗睦の娘・琴姫。 1808年2月26日に元服すると、従五位上に叙位され、禁色と昇殿を許され、…
  • 鷹司輔熙とは 名門・五摂家ながら振り回された幕末の関白

     鷹司輔煕(たかつかさすけひろ)は、、藤原氏摂関家鷹司家である関白・鷹司政通の子として1807年11月7日に生まれた。  母は水戸藩主・徳川治紀の娘・徳川清子。  1817年に元服すると、1818年5月には従三位…
  • 黒沢五郎  英国仮公使館襲撃・坂下門外の変 (水戸藩士)

     黒沢五郎(くろさわごろう)は幕末の水戸藩士で、1833年生まれ。名は黒沢保高。変名は吉野政介。  父は水戸藩の藩医・黒沢俊平。  1860年3月3日の桜田門外の変あとである7月に、水戸藩の西丸帯刀と、長州藩…
  • 徳川慶喜(一橋慶喜)の解説 徳川家最後の征夷大将軍 その人柄と評価は?

    徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は水戸藩第9代藩主・徳川斉昭の7男として、江戸・小石川の水戸藩邸にて1837年9月29日に生まれた。幼名は七郎麻呂(しちろうまろ)。 母は正室・吉子女王(有栖川宮織仁親王の娘)。 2018…
  • 小田彦三郎  坂下門外の変 (水戸藩士)

     小田彦三郎(おだひこさぶろう)は、幕末の水戸藩士で1833年生まれ。名は朝儀。変名は朝田儀助。  公武合体のため皇女・和宮の降嫁を許可した孝明天皇の退位を、老中・安藤信正らが考えているとの噂を聞いた、水戸浪士・平…
  • 平山兵介  坂下門外の変 (水戸藩士)

     平山兵介(ひらやまひょうすけ)は水戸藩士で1841年生まれ。名は平山繁義。  一刀流の達人で、1858年に水戸藩に降りた密勅の返上を求めた徳川幕府に反発。  1860年7月には、水戸藩の西丸帯刀・野村彝之介・住…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る