カテゴリー:青天を衝け

  • 藤田東湖

    藤田東湖の解説 水戸学の改革派

    藤田東湖(ふじた-とうこ)は、江戸時代末期の水戸藩士で、儒学者でもあり、幕末の1806年に生まれました。 父は、水戸城で古着屋を営む家に生まれた藤田幽谷(ふじた-ゆうこく) ですが、父も幼いころから優秀だったようです。…
  • 渋沢宗助

    渋沢宗助の解説 東の家の当主 渋沢まさ も

    渋沢宗助とは 渋沢宗助(しぶさわ-そうすけ)は、江戸時代後期の武蔵国榛沢郡血流島村(深谷市)の名主(豪農)で、寛政6年12月2日(1794年)に、渋沢長登の長男として生まれました。 当時の血洗島村に、渋沢氏を…
  • 渋沢市郎右衛門

    渋沢市郎右衛門の解説 渋沢ゑい(渋沢エイ)も 

    渋沢市郎右衛門とは 渋沢市郎右衛門(しぶさわ-いちろうえもん)は、江戸時代後期の1809年頃に、豪農・渋沢宗助の3男として生まれました。 出身地は武蔵国血洗島で、渋沢一族で最も裕福な「東の家」(ひがしんち)の2代…
  • 尾高長七郎

    尾高長七郎 剣豪になった深谷の志士

    尾高長七郎とは 尾高長七郎(おだか-ちょうしちろう)は、幕末の天保9年(1838年)に、武蔵国榛沢(はんざ)郡下手計(しもてばか)村(埼玉県深谷市手計)の尾高勝五郎の次男として生まれました。 母は尾高やへ(渋沢宗…
  • 振武軍

    振武軍(しんぶぐん)とは 彰義隊から離脱した旧幕府軍の戦い

    振武軍(しんぶぐん)は、幕末期の1868年(慶応4年)、戊辰戦争の際に旧幕府軍のひとつとして、新政府軍と戦った部隊です。 江戸幕府は大政奉還を行い、旧幕府軍は、鳥羽・伏見の戦いで敗れて、江戸城に戻った徳川慶喜は上野・寛…
  • 尾高千代(渋沢千代)

    尾高千代 (渋沢千代) の解説 渋沢栄一の最初の正妻

    尾高千代(おだか-ちよ)は、武蔵国榛沢郡下手計村(埼玉県深谷市下手計)の名主・尾高保孝(尾高勝五郎保孝)と、尾高やへの3娘として、1841年に生まれました。 母・尾高やへは、渋沢栄一の父である渋沢元助(渋沢市郎右衛門元…
  • 尾高平九郎(渋沢平九郎)

    尾高平九郎(渋沢平九郎)とは 渋沢栄一の見立て養子になった飯能合戦の勇士

    尾高平九郎とは 尾高平九郎(おだか-へいくろう)は、武蔵国榛沢郡下手計村(埼玉県深谷市下手計)名主である尾高保孝(尾高藤五郎保孝)の末子として、幕末の弘化4年(1847年)に生まれました。 母は尾高やへ(渋沢元助…
  • 渋沢成一郎(渋沢喜作)

    渋沢成一郎(渋沢喜作)とは 彰義隊・振武軍のリーダー

    渋沢成一郎(渋沢喜作)とは 渋沢成一郎(しぶさわ-せいいちろう)は、武蔵国血洗島村(埼玉県深谷市)の豪農・渋沢文左衛門(渋沢文平)の長男として、幕末の1838年に生まれました。 幼名は渋沢喜作(しぶさわ-きさく)…

新着記事

  1. 徳信院
    徳信院とは 徳信院(とくしんいん)は、幕末の女性で、一橋家の7代当主・徳川慶壽の正室となります…
  2. 徳川昭武
    徳川昭武とは 徳川昭武 (とくがわ-あきたけ) は、幕末における、水戸藩での最後となった11代…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る