尾高平九郎(渋沢平九郎)とは 渋沢栄一の養子になった飯能合戦の勇士

尾高平九郎(渋沢平九郎)



尾高平九郎(おだか-へいくろう)は、武蔵国榛沢郡下手計村(埼玉県深谷市下手計)名主である尾高保孝(尾高藤五郎保孝)の末子として、幕末の弘化4年(1847年)に生まれました。
母は尾高やへ(渋沢元助の姉)で、兄に尾高新五郎(尾高惇忠)や、姉に尾高千代などがいます。

兄・尾高惇忠は、学問に秀でており、家業のかたわら、自宅にて私塾・尾高塾を開いて、近郷の子供らに学問を教えています。
7歳年上の渋沢栄一(渋沢栄二郎)も門弟のひとりで、尾高家に通って数年間、論語などを学びました。
尾高平九郎も学問・文芸を心がけ、10歳の頃には、神道無念流の剣術も学び始めました。
そんな折り、1858年、姉の尾高千代が、渋沢栄一と結婚します。



尾高平九郎は、神道無念流も人に教えるくらい上達したと言いますが、高崎藩内も尊王攘夷に傾き、兄・尾高惇忠・尾高平九郎・渋沢成一郎・渋沢栄一らは、尾高家の2階にて、高崎城乗っ取り、横浜外国人居留地焼き討ちの計画を立てます。
しかし、文久3年(1863年)、京都から戻った兄・尾高長七郎から説得されて、計画は実行されませんでした。

そんなこともあったため、1864年6月5日、兄・尾高惇忠が水戸天狗党との関係を疑われて捕縛された際に、尾高平九郎も、一晩拘留されることになり、手錠されて、一時、宿預けになっています。
兄・尾高長七郎と、渋沢栄一は京都に出奔しています。
渋沢栄一は京にて一橋家の家臣・平岡円四郎の推挙により、一橋慶喜に仕えると、徳川慶喜の幕臣になりました。
そして、1867年、パリの万国博覧会に出席するため徳川昭武の随行員となった際に、渋沢栄一は妻・渋沢千代に手紙を出しています。

見立て養子これ無くてはあい成らず候につき、平九郎こと養子のつもりにいたし置き候あいだ、さよう御承知成さるべく候

このように、尾高平九郎は、渋沢栄一の見立養子にもなったことから、一般的には渋沢平九郎(しぶさわ-へいくろう)と呼ばれることが多いです。



渋沢栄一の嫡子扱いになった渋沢平九郎は、幕臣の子として、姉・渋沢千代と共に、江戸の屋敷にて生活するようになったようです。
しかし、大政奉還となったため、渋沢平九郎は、下手計村の兄・尾高惇忠のもとへ行き、相談をしています。
そして、王政復古の大号令、1868年になると鳥羽伏見の戦いとなって、新政府軍が江戸城に向けて進軍を開始しましたが、これらをフランスにいる養父・渋沢栄一にも手紙で、逐一、報告しています。

1868年2月、徳川慶喜が江戸城を出て寛永寺にて蟄居すると、旧幕臣らは上野にて彰義隊(しょうぎたい)を結成しました。
この時、徳川慶喜の右筆を務めていた従兄・渋沢成一郎(渋沢喜作)が、結成当初の頭取(最高責任者)に投票で選出され、渋沢平九郎も計画段階から加わっています。
そして、彰義隊において渋沢平九郎は、大ニ青隊伍長に任命されました。
また、渋沢平九郎は蟄居している徳川慶喜の様子も確かめに行っています。

続いて、彰義隊にて意見が合わなかった副頭取の天野八郎が、渋沢成一郎を暗殺しようとしため、渋沢平九郎ら100名と上野彰義隊を離脱し、西多摩郡田無村(田無市)を経由して、飯能(はんのう)に入りました。
そして、能仁寺に本営を置き「振武軍」(しんぶぐん)を結成し、兄・尾高惇忠も加わって平独自の旧幕府軍として行動を開始します。



彰義隊に勝利した官軍約3000名が、尾江四郎左衛門に率いられて飯能に近づくと、1868年5月23日、飯能の戦い(飯能戦争)とになりました。

振武軍は敗走し、飯能の市街地は半分が焼失すると、渋沢成一郎や尾高惇忠とはぐれました。
渋沢平九郎は、顔振峠に差し掛かり、疲れて峠の茶屋に入ると、女主人に茶を求めました。
この時、女主人は、飯能の残兵だと察したようで、探索を振り切って逃れるのに、刀を持っていたら怪しまれると心配し、渋沢平九郎は「それも道理だ」と大刀を預けたと言います。
その後、渋沢平九郎は黒山村(越生町黒山)に降りましたが、このとき、広島藩・神機隊の監察・藤田高之の偵察部隊と遭遇しました。
「その方、飯能から参ったな?」という質問に顔色を変えてしまったとされ、バレて戦いますが、大刀はなく、小刀で応戦し、その気迫に、敵も逃げて行ったと言います。
しかし、右肩を斬られ、足には銃弾を受けており、最後を悟った渋沢平九郎は、川岸の岩(渋沢平九郎自決の地)に座って、自刃しています。享年22。

渋沢平九郎は、首を新政府軍に持ち去られ、今市宿(越生町)にして、さらし首となりましたが、新政府軍も、村人も、この遺体の名前がわからなかったので「脱走兵」と認識したようです。
遺骸(胴体)は、黒山村の人々が、名前が不明のまま全洞院(越生町黒山)に埋葬しましたが、壮絶な最期を称して「脱走の勇士様」(だっそさま)と呼び、首から上の病気に効く神様として崇めています。
兄・尾高惇忠(尾高新五郎)と、渋沢成一郎は、渋沢平九郎の死にも気が付かず、伊香保、草津、前橋へ逃れて、秘かに江戸に入ると榎本武揚に合流して、旧幕府軍とともに箱館戦争にも参じました。



のち、尾高惇忠が地元に帰ると、振武軍の若者が壮絶な死を遂げたと言う話を聞き、事の次第が明らかになります。
広島藩神機隊隊長・川合鱗三が、この自刃した若者が所持していた小刀を保管しており、渋沢平九郎の刀であったことが確認されました。
小刀は26年ぶりに故郷へと戻ったと言います。(涙)

明治6年(1873年)8月、渋沢栄一の指示にて、側近の柴崎確次郎(柴崎義行)が、渋沢平九郎の首と骸を、谷中霊園の渋沢家墓地に改葬しています。
その後、全洞院に平九郎の墓石も建てられています。

尾高惇忠(尾高新五郎) 富岡製糸場の初代場長
尾高千代 (渋沢千代) とは 渋沢栄一の最初の正妻
渋沢栄一とは 日本の実業界・社会福祉・教育などに大きく貢献
渋沢成一郎(渋沢喜作)とは 彰義隊・振武軍のリーダー
高崎城とは? 群馬県高崎市の城跡
青天を衝け キャスト・出演者一覧リスト【NHK2021年大河ドラマ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitterfollow

共有御礼申しあげます



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る