おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなしものは心なりけりの意味


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 おもしろき
 こともなき世を
 おもしろく

 すみなしものは
 心なりけり

 これは、知る人ぞ知る高杉晋作が詠んだ歌・名言ですね。

 正確に申し上げますと「おもしろきこともなき世をおもしろく」の部分である上の句を高杉晋作が書き残し、下の句は、功山寺挙兵の際に、高杉晋作を匿っていた福岡の勤王女流歌人・野村望東尼が付け加えた歌とされます。
 ただし、病床の高杉晋作が亡くなる数ヶ月前に詠んだ辞世の歌とする説もありましたが、現在では否定されつつあります。

 意味の解釈としては、本人でしかわからない部分もあり、なかなか難しいですが、この世をおもしろくさせるのも、おもしろい事が無い世にするのも、自分の心ひとつだとでも?申しましょうか?

 もし、このような解釈が正しければ、どんなことでも自分の考え方ひとつ、すなわち「思考」次第だと言う事になると思います。

スポンサーリンク


 なお、この言葉が文書として残っていた訳ではないので、

 おもしろきこともなき世「を」おもしろく

 ではなく、

 おもしろきこともなき世「に」おもしろく
 
 であると言う説もあり、正直、どちらが正しかったのかはわかりません。
 私自身、どちらでも良いとは思うのです、残念ながら「に」と「を」では意味合いもかなり違ってきてしまいます。
 果たして、高杉晋作は、どちらの意味でこの歌を詠んだのでしょう?
 もう、確かめるすべはありません。

 いずれにしても、自分の力で「おもしろい世の中に変えて見せよう」と思っていたに違いないと存じますが、満27歳で病死と言う志半ばの死は、無念であり、心残りも大変多かったのではと察するところです。

 →高杉晋作の生涯とは?
 →奇兵隊とは~高杉晋作が理想掲げた軍隊は強かった
 →長州藩の志士ら100記事以上ありますので、是非ご覧ください
 →おもしろきこともなきよをおもしろく-さんのHP

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る