貞宮多喜子内親王(さだのみやたきこないしんのう)は、1897年(明治30年)9月24日に生まれた明治天皇の第10皇女。

 父は明治天皇で、母は典侍園祥子(伯爵・園基祥の次女)。

 楫取素彦が明治30年、貞宮多喜子内親王の御養育主任を命ぜらると、楫取美和子も貞宮御付となった。

 しかし、内親王は僅か3歳である1899年(明治32年)1月11日に夭折。

 楫取素彦は、御遺物を譲り受け、明治32年、防府天満宮境内に下賜された遺品を納める貞宮遥拝所を建立した。
 今でも毎年、ご命日にあたる1月11日に遥拝式が行われている。

明治天皇の側室

 明治天皇の皇后は一条美子(昭憲皇太后)だが、皇后には懐妊の兆候がなく、このままでは皇統断絶に繋がる恐れがあったため、明治天皇は7人の側室を置いた。
 そのなかの1人が園祥子だが、明治天皇は最も寵愛したと言われ、2男6女を儲けた。
 しかし、貞宮も含めて4人が夭折しており、2人の間の子としては、この貞宮が最後となった。

 ちなみに、典侍園祥子が産んだ第6皇女・常宮昌子内親王は、皇族の竹田宮恒久の王妃となり、その系統に、歌手・華原朋美への求愛で話題となった、竹田恒泰氏がいる。

大河ドラマ「真田丸」に登場する武将や姫の情報(出演者リスト)
あさが来た特集「あさ」のモデル広岡浅子の生涯

[RSSImport display=”5″ feedurl=”https://jpreki.com/feed/” before_desc=”
” displaydescriptions=”TRUE” after_desc=” ” html=”FALSE” truncatedescchar=”200″ truncatedescstring=” … ” truncatetitlechar=”” truncatetitlestring=” … ” before_date=” ” date=”FALSE” after_date=”” date_format=”” before_creator=” ” creator=”FALSE” after_creator=”” start_items=”

    ” end_items=”

” start_item=”

  • ” end_item=”
  • ” target=”” rel=”” desc4title=”” charsetscan=”FALSE” debug=”FALSE” before_noitems=”

    ” noitems=”No items, feed is empty.” after_noitems=”

    ” before_error=”

    ” error=”Error: Feed has an error or is not valid” after_error=”

    ” paging=”FALSE” prev_paging_link=”« Previous” next_paging_link=”Next »” prev_paging_title=”more items” next_paging_title=”more items” use_simplepie=”FALSE”]



    高田哲哉日本の歴史研究家

    投稿者プロフィール

    (株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
    20年以上、歴史上の人物を調査している研究家です。
    日本全国に出張して史跡も取材させて頂いております。
    資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    Twitterfollow

    共有御礼申しあげます



    ページ上部へ戻る