貞宮多喜子 内親王


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 貞宮多喜子内親王(さだのみやたきこないしんのう)は、1897年(明治30年)9月24日に生まれた明治天皇の第10皇女。

 父は明治天皇で、母は典侍園祥子(伯爵・園基祥の次女)。

 楫取素彦が明治30年、貞宮多喜子内親王の御養育主任を命ぜらると、楫取美和子も貞宮御付となった。

 しかし、内親王は僅か3歳である1899年(明治32年)1月11日に夭折。

 楫取素彦は、御遺物を譲り受け、明治32年、防府天満宮境内に下賜された遺品を納める貞宮遥拝所を建立した。
 今でも毎年、ご命日にあたる1月11日に遥拝式が行われている。

明治天皇の側室

 明治天皇の皇后は一条美子(昭憲皇太后)だが、皇后には懐妊の兆候がなく、このままでは皇統断絶に繋がる恐れがあったため、明治天皇は7人の側室を置いた。
 そのなかの1人が園祥子だが、明治天皇は最も寵愛したと言われ、2男6女を儲けた。
 しかし、貞宮も含めて4人が夭折しており、2人の間の子としては、この貞宮が最後となった。

 ちなみに、典侍園祥子が産んだ第6皇女・常宮昌子内親王は、皇族の竹田宮恒久の王妃となり、その系統に、歌手・華原朋美への求愛で話題となった、竹田恒泰氏がいる。

スポンサーリンク


大河ドラマ「真田丸」に登場する武将や姫の情報(出演者リスト)
あさが来た特集「あさ」のモデル広岡浅子の生涯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る