公爵 – 侯爵 – 伯爵 – 子爵 – 男爵とは?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 日本における爵位は、徳川幕府を倒して、新政府を樹立させた明治時代に、天皇を元首に近代国家を目指す過程で、西欧各国に習って華族制度を創設。
 そして、元公卿・元諸侯などと、国家功労者の家・戸主に公・侯・伯・子・男の五爵を名誉称号として授けた。、

 日本では名誉的な意味合いが強く、ヨーロッパのように実質的な権限や土地の領有権などはない。

 日本の場合の称号・序列は下記の通り。

 天皇 – 公爵 – 侯爵 – 伯爵 – 子爵 – 男爵

スポンサーリンク


明治時代の主な叙任者

 公爵 – 三条実美島津久光毛利元徳など

 侯爵 – 佐竹義堯、細川護久、鍋島直大、山内豊範、黒田長成など

 伯爵 – 柳原前光、柳沢保申、黒田清隆、山縣有朋伊藤博文井上馨西郷従道山田顕義、大山厳など

 子爵 – 樺山資紀

 男爵 – 楫取素彦、西竹一

 太平洋戦争にて敗戦すると、日本国憲法施行に伴い、華族制度と共に日本の爵位は廃止された。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る