古関裕而 日本人の心に残っている稀代の作曲家【朝ドラ・エールのモデル】

古関裕而

古関裕而(こせき-ゆうじ)は、夏の全国高校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」や、阪神タイガース「六甲おろし」などで知られる、1909年(明治42年)生まれで福島市出身の作曲家です。
生まれた家は、福島県福島市大町にあった呉服店「喜多三」(きたさん)でした。
父親が音楽好きで、まだ珍しかった蓄音機にてレコードを聴いていたと言います。
そのためか、幼い頃から音楽が大好きで、小学校に通っていたころには、独学で楽譜を読めていたと言います。
近所にはのち作詞家となる野村俊夫(5歳年上)もいました。



山田耕筰が著した作曲法の本を読んで学び、ハーモニカをいつも携帯しながら、作曲をする日々を送りました。
やがて古関裕而は、旧制福島商業学校(現福島商業高等学校)に通うと、在学中に実家の呉服屋が倒産しましたが、古関は音楽仲間と活動しており、作曲・編曲・指揮を担当もしました。

高校卒業後は、現在の東邦銀行・川俣支店で働くようになりましたが、仙台にて青葉音楽院を主宰していた作曲家・金須嘉之進の指導を受けたと言います。
この金須嘉之進(きす-よしのしん)は、ロシアの作曲家であるリムスキー=コルサコフの弟子です。

そして、1929年(昭和4年)に転機がやってきます。
イギリスロンドン市のチェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに応募したところ、管弦楽のための舞踊組曲「竹取物語」が、コンクールにて入賞しました。
日本人初と言える国際的作曲コンクールでの入賞となり、当時の新聞でも大々的に報道されたと言います。
ただし、竹取物語の楽譜は所在不明で、どのような旋律だったのかは、わかっていないようです。



この報道で知った、愛知県豊橋市出身の内山金子(きんこ)さんが、熱烈なファンレターを送った縁で、翌年1930年に、古関裕而(20歳)と、金子(18歳)は結婚しました。
また、山田耕筰の推薦でコロムビア専属の作曲家となり、夫婦で東京に上京して阿佐ヶ谷に住居を構えました。
東京では、菅原明朗(ふかい-しろう)に師事し、若手作曲家の橋本國彦らと親交を深め、世田谷代田に引っ越してます。
1931年には、早稲田大学の「紺碧の空」を作曲。
1936年には、阪神タイガースの応援歌となる「六甲颪」を作曲しました。

ただし、実家が倒産してから経済的には厳しかったようで、作曲家を目指す多くの若者がヨーロッパやロシアに留学していたところ、古関裕而は断念しています。
26歳のとき「船頭可愛や」が大ヒットしています。
声楽家を目指していた妻の古関金子は、この頃、帝国音楽学校へ進学しました。
また、交流していた福島県本宮市出身の伊藤久男も帝国音楽学校へ入学しています。



やがて、日本は戦争への渦に突入するなか、古関裕而は「露営の歌」「暁に祈る」といった数々の名作を残していますが、哀愁ある旋律の曲が多くなり、終戦後は、自分の作品を聞いて戦地にて亡くなった人々のことを思い、他の作曲家同様に自責の念にかられたと言います。
そして、戦後は、ラジオやテレビの主題歌などで一世を風靡しました。
また、高校野球大会歌『栄冠は君に輝く』『フランチェスカの鐘』『ドラゴンズの歌』『君の名は』『高原列車は行く』『闘魂こめて』、1964年開催の東京オリンピックの開会式に鳴り響いた『オリンピック・マーチ』も古関裕而が作曲しました。

「ドカベン」挿入歌「ああ甲子園」

NHKスポーツ中継の際に最初に流れるテーマ曲「スポーツショー行進曲」も、皆様、お馴染みですね。
※アレンジは加わっています。

上記の曲を聴きますと、懐かしさもこみ上げて参ります。

また、古関裕而は、小学校・中学校・高校・大学といった全国300校以上の校歌も含めて約5000曲と、たくさん手掛けていますので、身近なところにも古関裕而の音楽があるのが特徴です。

いつもふる里の吾妻山や信夫山、阿武隈川を思い出して作曲していたと言う古関裕而の優れた才能が評価されて、昭和44(1969)年には、紫綬褒章を受章しました。



奥様、古関金子は1980年にガンにて死去しましたが、1988年には、ふるさとの福島市に「福島市古関裕而記念館」がオープンしています。

1989年(平成元年)8月18日、脳梗塞のため聖マリアンナ医科大学病院にて死去。享年80。

2020年4月からは、NHKの朝ドラ「エール」では、昭和という激動の時代に人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家と妻の物語として、古関裕而をモデルにしたドラマ内容となります。
また、東日本大震災から10年経過となる、2020年の東京オリンピックの聖火は、福島市からスタートされます。

古関金子(内山金子)  古関裕而の妻 おしどり夫婦に
エール~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!



関連記事

あなたの思いを下記に

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る