タグ:会津戦争

  • 秋月悌二郎 ~幕末の会津藩における中心人物として貢献

     秋月悌二朗(秋月悌次郎、あきづきていじろう)は、幕末の会津藩の藩士で、1824年7月2日、丸山四郎右衛門(丸山胤道(かずみち)150石の次男として会津若松城下に生まれた。  会津藩校・日新館の成績は抜群で、飛び級で通…
  • 山本八重(新島八重)~幕末のジャンヌ・ダルク

    山本八重は、会津藩士・山本権八・佐久(さく)夫妻の子として1845年12月1日に生まれたが、戊辰戦争の渦に巻き込まれることになった。兄は山本覚馬。 父・山本権八は、会津藩砲術指南役で元の名は永岡繁之助。会津藩の砲術家・…
  • 山本うら(樋口うら) ~ 山本八重の兄・山本覚馬の妻

    樋口うらは、会津藩勘定方・樋口家の娘であったと考えられるが、嫁ぎ先の山本家との関係、また、樋口家が、どの会津藩家臣の樋口氏に当たるのか、詳細は不明である。  1857年、山本覚馬と樋口うらが結婚。山本覚馬は山本…
  • 川崎尚之助~山本八重の最初の夫も苦労を重ねて失意のうちに・・・

    大河ドラマ「八重の桜」でも注目を浴びた、山本八重の最初の夫とされる川崎尚之助は、会津に来る前までは川崎正之助と言う漢字の名前だった。 川崎正之助(かわさきしょうのすけ)は出石藩(兵庫県)の藩医の子であるとされるが、町医…
  • 会津藩の松平照姫~会津藩・松平容保公を支えた高貴な女性

    照姫は、第9代上総飯野(現在の千葉県富津市)藩20000石の藩主・保科正丕(ほしなまさもと)の3女として1832年12月13日に、江戸藩邸にて生まれた。 正しい漢字は「熈」だが、自ら「照」と書いた姫。 上総飯…
  • 高木時尾 ~ 山本八重の親友で新選組・斉藤一の妻

    高木時尾は幕末の会津藩大目付・高木小十郎の長女として1846年に生まれた。母の藤田克子は大変な美人であったらしい。 山本八重より年齢で1つ年下。山本家とは斜め裏の隣家であったことから山本八重とは親友であった。 …
  • 日向ユキ (ひなた ゆき) ~山本八重の幼なじみ

    日向ユキは、1851年、会津藩士・日向佐衛門(日向左衛門)と日向ちか夫妻の2女として会津若松城下で生まれた。 父・日向佐衛門(日向左衛門)は会津藩の上士(上級藩士)で御旗奉行400石。 実母の日向ちかは、飯沼…
  • 中野竹子~会津戦争で討死にした薙刀の名手で美女

    中野竹子は、会津藩江戸詰勘定役・中野平内の長女として江戸城・和田倉門内にあった会津藩邸で生まれ、江戸で育った。 誕生年は1847年3月が有力。1850年とも。 中野竹子は幼い頃から聡明で、5歳で百…

新着記事

  1. 関寛斎
    関寛斎(せき-かんせい)は、幕末から明治にかけての蘭方医です。 生まれは幕末の文政13年(1830…
  2. 浮世絵
    歌川広重の「東海道五十三次」と言う風景画は、当時の江戸時代の人々だけでなく、現代に生きる私たちをも魅…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る