タグ:会津戦争

  • 山川大蔵と山川トセ 会津藩士

    1845年11月6日、山川大蔵(やまかわおおくら)は、会津藩国家老・山川重固(家禄1000石)、母・会津藩家臣・西郷近登之の娘・山川えん(山川艶)の間に、会津若松城下の本二之丁で生まれた。 姉に山川二葉、弟に山川健…
  • 母成峠の戦いにおける会津藩の情報不足

    山本八重が登場する八重の桜でも知られる「母成峠」。 会津藩としては新政府軍は、恐らく「中山峠」を超えると、当時、予測していたようだが、新政府軍が進軍したコースは、母成峠であった。 母成峠は、険しい…
  • 黒河内伝五郎 会津藩 幕末最強と言われる剣客

     大河ドラマ「八重の桜」で、中野竹子や山本八重ら女性の薙刀指導の場面や、日向ユキが会津城下を逃げ惑う際に、単身援護するシーンなどで度々登場する「黒河内先生」について、触れておきたい。  この黒河内伝五郎は1803年…
  • 西郷頼母~幕末の動乱期に藩主・松平容保支えた会津藩家老

    西郷頼母(さいごうたのも)1830年3月24日~1903年(明治36年)4月28日 西郷頼母は、菊池氏族西郷氏で江戸時代後期~幕末期の会津藩の家老。 西郷家の会津藩での家禄は1700石。 父は江戸詰家老の西…
  • 田中土佐 新政府軍を迎え撃ち、自刃した会津藩家老

     田中土佐(田中玄清、たなかはるきよ)は、1820年8月1日、会津藩家老・田中玄良の長男として生まれた。  田中家は伊勢・北畠氏の一門である田丸氏が出自で、甲斐で武田信玄に仕えたのち、保科家の家…
  • 梶原平馬 会津藩の外交を担当した有能な家臣

    梶原平馬(かじわらへいま)は、会津藩の名門・内藤家の内藤信順(内藤介右衛門信順)の次男として内藤悌彦(内藤平馬)として1842年に生まれた。 平馬の実家になる内藤家は、戦国時代には武田信玄の重臣・内藤昌豊の流れをく…
  • 神保修理と神保雪子 (会津藩)

    神保修理は、1834年、会津藩家老・神保内蔵助(神保内蔵助利孝)の長男として生まれた。母の名はトシ。 神保家は1000石の上級藩士であり、神保内蔵助は200石を加増され1200石と会津藩の名門であった。 幼いころ…
  • 斎藤一とは~新選組の中でも腕の立つ剣士 会津藩と運命を共に

    斎藤一は、はじめ山口一として 1844年1月1日、江戸(今の文京区九段下の辺り)にて生まれたとされる。 父が明石出身で明石浪人を名乗った理由から、播磨・明石藩出身説や、会津出身とする資料もある。 父は山口祐助、母…

新着記事

  1. 関寛斎
    関寛斎(せき-かんせい)は、幕末から明治にかけての蘭方医です。 生まれは幕末の文政13年(1830…
  2. 浮世絵
    歌川広重の「東海道五十三次」と言う風景画は、当時の江戸時代の人々だけでなく、現代に生きる私たちをも魅…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る