タグ:会津戦争

  • 川崎尚之助(1)  山本八重の最初の夫

    大河ドラマ「八重の桜」でも注目を浴びた、山本八重の最初の夫とされる川崎尚之助は、会津に来る前までは川崎正之助と言う漢字の名前だった。 川崎正之助(かわさきしょうのすけ)は出石藩(兵庫県)の藩医の子であるとされるが、…
  • 会津藩の松平照姫 (1) 会津藩・松平容保公を支えた高貴な女性

    照姫は、第9代上総飯野(現在の千葉県富津市)藩20000石の藩主・保科正丕(ほしなまさもと)の3女として1832年12月13日に、江戸藩邸にて生まれた。 正しい漢字は「熈」だが、自ら「照」と書いた姫。 (さらに&h…
  • 高木時尾 ~ 山本八重の親友で新選組・斉藤一の妻

    高木時尾は幕末の会津藩大目付・高木小十郎の長女として1846年に生まれた。母の藤田克子は大変な美人であったらしい。 山本八重より年齢で1つ年下。山本家とは斜め裏の隣家であったことから山本八重とは親友であった。 …
  • 日向ユキ (ひなた ゆき) ~山本八重の幼なじみ

    日向ユキは、1851年、会津藩士・日向佐衛門(日向左衛門)と日向ちか夫妻の2女として会津若松城下で生まれた。 父・日向佐衛門(日向左衛門)は会津藩の上士(上級藩士)で御旗奉行400石。 実母の日向ちかは、飯沼…
  • 中野竹子(1) 会津戦争で討死にした薙刀の名手で美女

    中野竹子は、会津藩江戸詰勘定役・中野平内の長女として江戸城・和田倉門内にあった会津藩邸で生まれ、江戸で育った。 誕生年は1847年3月が有力。1850年とも。 (さらに…)…
  • 山川大蔵と山川トセ 会津藩士

    1845年11月6日、山川大蔵(やまかわおおくら)は、会津藩国家老・山川重固(家禄1000石)、母・会津藩家臣・西郷近登之の娘・山川えん(山川艶)の間に、会津若松城下の本二之丁で生まれた。 姉に山川二葉、弟に山川健…
  • 母成峠の戦いにおける会津藩の情報不足

    山本八重が登場する八重の桜でも知られる「母成峠」。 会津藩としては新政府軍は、恐らく「中山峠」を超えると、当時、予測していたようだが、新政府軍が進軍したコースは、母成峠であった。 (さらに…)…
  • 黒河内伝五郎 会津藩 幕末最強と言われる剣客

     大河ドラマ「八重の桜」で、中野竹子や山本八重ら女性の薙刀指導の場面や、日向ユキが会津城下を逃げ惑う際に、単身援護するシーンなどで度々登場する「黒河内先生」について、触れておきたい。  この黒河内伝五郎は1803年…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 中根雪江 中根雪江(なかね-ゆきえ)は、1807年7月1日に、700石の福井藩士・中根孫右衛門…
  2. 岡本健三郎(おかもと-けんざぶろう)は、幕末の1842年10月13日に土佐郡潮江村(高知市)にて生ま…
  3. 永井尚志(ながい-なおゆき)は、幕末に活躍した江戸幕府の旗本です。 父は、、三河奥殿藩(岡崎市)の…
  4. 安藤百福(あんどう-ももふく)さんは、自宅の庭に小屋を建てて、インスタントラーメンの研究を行い、19…

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る