会津藩の松平照姫 (1) 会津藩・松平容保公を支えた高貴な女性


スポンサーリンク
スポンサーリンク

照姫は、第9代上総飯野(現在の千葉県富津市)藩20000石の藩主・保科正丕(ほしなまさもと)の3女として1832年12月13日に、江戸藩邸にて生まれた。
正しい漢字は「熈」だが、自ら「照」と書いた姫。

上総飯野藩は、会津藩の支藩であった縁から、照姫は10歳(1842年)になった際、会津藩8代藩主・松平容敬の養女となり、会津藩江戸屋敷に移り育った。
照姫は美貌で書道、茶道、礼法に通じ、和歌が巧みで2歳年下の会津藩9代藩主・松平容保も照姫の手ほどきを受けていたと言う。
松平容敬の子どもはいづれも早世していた為、将来、照姫に婿を迎え、会津藩を継がせるつもりだったようだが、その後、松平容敬の側室が1843年に敏姫を生んだため、その敏姫の婿養子として、美濃国高須藩主・松平義建の6男であった松平容保を1846年に迎え、松平容保は敏姫の成人を待って1856年に結婚した。

1850年、18歳になった照姫は、豊前中津藩(現在の大分県中津市)100000石の藩主・奥平昌服(20歳)の正室となったが、照姫は1855年、僅か23歳で離縁し江戸会津藩邸に戻った。夫婦仲は良かったとされるが、子が出来なかったとは言え、側室制度がある時代でもあり、離婚の理由はよく分かっていない。
1852年に照姫の養父だった松平容敬が死去。中津藩では1855年に、それまで藩の実権を握っていた奥平昌服の祖父・奥平昌高が亡くなっている。
照姫が江戸に戻った理由は不明だが、婚儀に関わった父2人が亡くなった事が大きく影響しているのかも知れない。
のちの会津戦争の際に中津藩は新政府軍に味方し、会津に兵を出している。

スポンサーリンク


松平容保の正室(松平容敬の実娘)敏姫が1861年に19歳で他界。
敏姫は幼いころに疱瘡(ほうそう)に掛かり容姿に罹った後が残っていたとされ、心身共に衰弱し、病弱だった。

敏姫亡き後には、松平容保と照姫との婚姻の話も出たと考えられる。結果的に結婚は実現はしなかったが、松平容保も継室を設けなかったので、会津藩の奥向きは照姫が取り仕切った。

1863年3月、生麦事件のあと薩摩藩とイギリスとが対立すると、江戸を巻き込んだ戦争の可能性が高まった為、照姫は江戸から会津に初めて赴いたが、当初は江戸藩邸を離れる事を拒んだと言う。その後、江戸藩邸に戻った。

松平容保は京都守護職の際、孝明天皇から贈られた純緋の布で仕立てた陣羽織を着て写真撮り、江戸の照姫に送ったと伝わる。

鳥羽・伏見の戦いのあと松平容保らが江戸へ戻った際、1868年2月、37歳になっていた照姫も会津藩士とともに、再び会津に赴き、会津若松城に入城した。
高木時尾などが照姫の右筆(書記)を務めたようだ。

→ 松平照姫(2) 会津籠城戦 に続きます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る