山川捨松(山川さき、山川咲子、大山捨松) (1) 幼いながらも会津若松城での籠城戦に加わる


スポンサーリンク
スポンサーリンク

山川捨松(山川さき、山川咲子、大山捨松)は、1860年2月24日、会津藩の国家老・山川尚江重固(なおえしげかた)と、母は会津藩家臣・西郷近登之の娘・山川えん(山川艶)の娘として誕生した。

姉に山川二葉、兄に山川大蔵山川健次郎など、2男5女の末娘で、幼名は「さき」。しかし、山川さきが生まれる、約1ヶ月前に父・山川尚江重固は病死しており、幼少期から15歳位までは、祖父の山川兵衛重英(ひょうえしげひで)と、母・えん に育てられた。

会津藩の山川家は1000石で、会津藩の祖である保科氏が高遠にいた頃からの古い家臣である。

山川えんは女子にも学問をさせるなど教育熱心だったようだ。そして、山川さきが15歳の頃、兄である山川大蔵(おおくら、後の山川浩)が父親がわりとなった。

しかし、会津藩主・松平容保京都守護職を拝命し、会津藩は京都で薩長と対立し、その後、鳥羽伏見の戦い、会津戦争へと激動の時代に、山川さきは、巻き込まれていくのであった。

1868年8月23日、板垣退助・伊地知正治らが率いる新政府軍が会津若松城に迫ると山本八重らが城に入ったのと同じように、山川さきは、母・山川えんら家族と共に会津若松城に籠城。

籠城戦の際、山川大蔵の妻・山川トセ(山川登勢)ら山川家の女性は、照姫の警護をして側に仕えていたと言う。

兄・山川大蔵は彼岸獅子での行軍で見事入城した後、会津藩・軍事総督(本丸防衛担当)に就任。

山川大蔵の母・山川えん(山川艶)が、籠城女子の総取締を担当。

梶原二葉(山川大蔵の姉25歳)も子の梶原景清(3歳)を伴て入城していたようだ。

スポンサーリンク


新政府軍の砲撃が激しくなると、山川大蔵の妹・山川さき(8歳=後の山川咲子、大山捨松)や山川トセ(山本大蔵の妻で旧姓・北原登勢)は、濡れた布団や着物を持って「焼玉押さえ」に奔走した。

当時の砲弾は「焼玉」と言って、熱された鉄の球、火事を起こすものと、実際に爆発するタイプと2種類あった。

焼玉であれば冷やして火災を起こさないようにした訳だが、爆発するタイプと見分けるのを誤ると、爆発に巻き込まれる為、焼玉押さえは命がけであった。

9月14日(籠城22日目・敵総攻撃の1日目)、山川さきは、焼玉押さえをしている時に砲弾が破裂して首を負傷。しかし、幸い傷は浅く1週間の療養の後、山川さきは再び焼玉押さえに加わっている。

一方、山川さきと一緒に焼玉押さえをしていた山川トセ(山川大蔵の妻19歳)は、照姫の居室にて砲弾が爆発し、全身4カ所を負傷。助かる見込みは無かった。

山川トセは、義母・山川えん(山川大蔵の母)に介錯を頼んだが、介錯することが出来なかったようで、山川トセは苦しみに悶えながら亡くなったとされる。

女たちは城内に着弾した焼玉の不発弾に一斉に駆け寄り、これに濡れた布団をかぶせて炸裂を防ぐ「焼玉押さえ」という危険な作業をしていたが、山川さきはこれも手伝って大怪我をしている。

このとき若松城に大砲を撃ち込んでいた新政府軍の薩摩藩二番砲兵隊長は、西郷隆盛の従弟にあたる薩摩藩・大山弥助(のちの大山巌)であった。

そして、山川咲子(大山捨松)は、日本の女性として歴史に名を残す大人物となる。

→ 山川捨松 (2) 日本人女性で初めてアメリカの大学を卒業 に続きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る