タグ:偉人

  • 高崎佐太郎(高崎正風) 武力討伐に反対した薩摩藩士

    高崎佐太郎(高崎正風)-(たかさきさたろう、たかさきまさかぜ)は、薩摩藩士・高崎温恭(高崎五郎右衛門温恭)の長男として1836年7月28日に、薩摩・鹿児島近在川上村(鹿児島市川上町)にて生まれた。 母は新納常善の娘・登…
  • 白石正一郎 長州藩の尊王攘夷派を資金面で支援した陰の功労者

     白石正一郎(しらいししょういちろう)は、長門の赤間関竹崎にて萬問屋(荷受問屋、廻船問屋)の小倉屋主人・白石卯兵衛の長男として、1812年3月7日に生まれた。通称は駒吉。または熊之助。号は橘円。  母は艶子。  …
  • 遠藤謹助 日本近代造幣の父で長州五傑の一人

     遠藤謹助(えんどうきんすけ)は、長州藩士の子として1836年2月15日に生まれたが、幼少期の頃は良くわかっていない。  遠藤太市郎の弟とされる。  1862年、長州藩がイギリスから購入した蒸気船「壬戌丸」(ラン…
  • 井上勝(野村弥吉) 日本の鉄道の父である長州五傑の1人

    井上勝(いのうえまさる)は、長州藩士・井上勝行の3男として1843年8月1日、萩にて生まれる。 程なく野村家の養子となり野村弥吉と称した。 16歳のとき、藩命で長崎にてオランダ人から兵学を生部と、翌年には江戸…
  • 吉川経幹 幕末における岩国の英雄・岩国領主

    吉川経幹(きっかわつねまさ)は長州藩の支藩となる周防岩国領(6万石)の第11代領主・吉川経章の長男で、1829年9月3日に生まれた。通称は監物。幼名は亀之進。 母は家臣・長井元幹の娘・梅(清操院、長井省吾の妹)。 …
  • 山尾庸三とは 日本に鉄道を開設した日本工業の父

     山尾庸三(やまおようぞう)は長州藩士で村役人・山尾忠治郎の次男(3男とも?)として、周防国吉敷郡二島村(山口市秋穂二島)にて1837年10月8日に生まれた。幼名は富士太郎。  母は山尾末子。  父・山尾忠治郎は…
  • 尾崎行雄 衆議院議員を63年務めた憲政の神様

     尾崎行雄(おざきゆきお)は、相模国津久井県又野村(神奈川県相模原市緑区又野)にて、1858年11月20日に生まれた。  この尾崎家はもともと今川義元の家臣で、戦国時代より以前には伏馬田城を知行していたようだ。 …
  • 新井領一郎とは 群馬のルネサンス・日本の近代化に貢献した先人

     幕末に開国した日本が外貨を獲得するため、重要な輸出品となった「生糸」。  世界遺産となった富岡製糸場が、群馬に建設されたのは、この群馬では養蚕業、製糸業が盛んだったからだ。  しかし、明治初期までは、日本人が作…

新着記事

  1. 関寛斎
    関寛斎(せき-かんせい)は、幕末から明治にかけての蘭方医です。 生まれは幕末の文政13年(1830…
  2. 浮世絵
    歌川広重の「東海道五十三次」と言う風景画は、当時の江戸時代の人々だけでなく、現代に生きる私たちをも魅…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る