タグ:鳥羽伏見の戦い

  • 山本覚馬~会津藩の砲術指南役から京都府議会の初代議長へ

    山本覚馬(やまもとかくま)は会津藩・砲術指南役・山本権八の長男として鶴ヶ城近くの武家屋敷にて1828年1月11日誕生。母は佐久。 山本家の遠祖は甲州流軍学、武田信玄の軍師でも知られる山本勘助が祖であると言われる。 …
  • 神保修理と神保雪子 (会津藩)

    神保修理は、1834年、会津藩家老・神保内蔵助(神保内蔵助利孝)の長男として生まれた。母の名はトシ。 神保家は1000石の上級藩士であり、神保内蔵助は200石を加増され1200石と会津藩の名門であった。 幼いころ…
  • 土方歳三「詳細年表」新選組副長 近藤勇と共に正義を貫き最後は函館で

    新選組副長「土方歳三」の生涯の動向をできる限り詳しくご紹介したい。 1834年10月9日、近藤勇が多摩・上石原村(現在の東京都調布市野水)にて誕生。 1834年12月3日、伊東甲子太郎が、常陸国志筑藩(現在の茨城…
  • 大山巌の解説 陸軍を勝利に導いた薩摩出身の大将

    大山弥助は、1842年10月10日、鹿児島城の城下町、加治屋町柿本寺通(下加治屋町方限)で生まれた。 父は薩摩藩士の砲術専門家であった大山綱昌(大山彦八綱昌)。 この父・大山綱昌は、薩摩藩士・西郷隆充の次男で、薩摩藩…

スポンサーリンク


新着記事

  1. 八重と北条義時の関係
    八重と北条義時 2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源頼朝が最初に愛した女性とと…
  2. 北条政子
    北条政子とは 北条政子は平安時代末期に伊豆にて生まれた女性で、父は北条時政。 母は伊東荘出身…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



スポンサーリンク
ページ上部へ戻る