三井春とは 宮崎あおいさん演じる今井はつ【あさが来た】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、今井あさの姉・今井はつ(宮崎あおいさん)。
 その今井はつのモデルである「三井春」をご紹介する。

 三井春(みつい-はる)は、三井浅子(ドラマでは今井あさ)の異母姉で、三井浅子が加島屋の広岡信五郎に嫁いだ時期に、三井春も嫁いだ。

 嫁ぎ先は、大阪の今橋天王寺屋である天王寺屋五兵衛(ドラマでは眉山惣兵衛)。
 大阪では最も伝統のある両替商であった。

 しかし、幕末の荒海に飲まれて、今橋天王寺屋(ドラマでは山王寺屋)は、倒産する事になる。

 三井春(今井はる)について、これ以上の事は現時点では不明だが、ドラマでは、嫁ぎ先の姑(眉山菊/萬田久子さん)が、はつの行動に口出しをするなど、なかなかなじめず苦労する。
 夫・眉山惣兵衛の父・眉山栄達(辰巳琢郎さん)も、妻の眉山菊には頭が上がらない。
 そして、幕末から明治への動乱期を迎えることになり、危機に瀕した山王寺屋を、今井はるは夫と共に支えて行くが倒産。
 江戸幕府が崩壊したことで、諸藩に貸していたお金が帰ってこなくなり、大阪の両替商の多くは倒産したのです。

スポンサーリンク



 
 広岡浅子(広岡あさ)が嫁いだ加島屋(加野屋)、実家の三井家(今井家)はなんとか危機を脱し、三井春に資金援助するとも打診したようですが、それらを断り、夫婦で新しい時代へ向き合って行くと言うストーリーになっております。
 山王寺屋は一家で和歌山に旅立ちますが、没落した眉山家を眉山はつは力強く支えて新しい時代へ向かっていくと言う設定です。

 小説「土佐堀川」を拝見する限りでは、広岡浅子が、没落した春(はつ)の一家を訪ねます。
 春(はつ)の夫・天王寺屋五兵衛(ドラマでは眉山惣兵衛)が、天秤棒一本で物売りを始めます。
 そのことを聞いた広岡浅子は、恨むことなどせず、もう一度店を持つように頑張れと励ましています。

 史実においての三井春は、明治5年に25歳で早逝したとされていますが、視聴者からの多くの要望もあり、NHKでは台本(脚本)を変更して、長生きさせる方向となりました。

 ※三井春に関しては引き続き調査中です。もし、ご存じな方がおられましたら、是非、コメント欄より情報をお寄せ願えますと幸いです。

 →はつが嫁ぐシーンが撮影されたロケ地「近江八幡」の城下町・八幡掘の訪問記はこちら
 →今井あさ/三井浅子(広岡浅子)に関してはこちら
 →父・今井忠興のモデル「三井高益」と、はつの夫・三井高益のモデル「天王寺屋五兵衛」とは?
 →あさが来た~キャスト一覧/出演者一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る