タグ:幕末

  • 岡田以蔵

    岡田以蔵ってどんな人? 幕末 伝説の人斬り

    岡田以蔵(おかだ-いぞう)は1838年に土佐藩郷士の土佐郡江ノ口村の足軽の長男として生まれました。 岡田以蔵の父は郷士株を土佐藩から購入する事で武士の身分を取得し、郷士となったのです。 当事の郷士は大坂夏の陣・冬の陣…
  • 尾高平九郎(渋沢平九郎)

    尾高平九郎(渋沢平九郎)とは 渋沢栄一の養子になった飯能合戦の勇士

    尾高平九郎(おだか-へいくろう)は、武蔵国榛沢郡下手計村(埼玉県深谷市下手計)名主である尾高保孝(尾高藤五郎保孝)の末子として、幕末の弘化4年(1847年)に生まれました。 母は尾高やへ(渋沢元助の姉)で、兄に尾高新五…
  • 渋沢成一郎(渋沢喜作)

    渋沢成一郎(渋沢喜作)とは 彰義隊・振武軍のリーダー

    渋沢成一郎(しぶさわ-せいいちろう)は、武蔵国血洗島村(埼玉県深谷市)の豪農・渋沢文左衛門(渋沢文平)の長男として、幕末の1838年に生まれました。 幼名は渋沢喜作(しぶさわ-きさく)です。 親戚に、2歳年下の従弟(…
  • 尾高惇忠(尾高新五郎)

    尾高惇忠(尾高新五郎) 富岡製糸場の初代場長【青天を衝け】

    尾高惇忠(おだか-あつただ)は、江戸時代後期の1830年に生まれた日本の実業家です。 通称は、尾高新五郎と言います。 出身地は、武蔵国榛沢郡下手計村(埼玉県深谷市下手計)で、名主の家柄となります。 父の名前は尾高保…
  • 乃木希典とは  日露戦争で旅順攻略に成功した陸軍・乃木大将の生涯

    乃木希典(のぎまれすけ、乃木源三)は長州藩の支藩である長府藩士・乃木希次(80石)と乃木壽子の3男として、1849年11月11日に江戸の長府藩上屋敷にて生まれた。 なお、長兄・次兄は夭折していたため世嗣であった。 …
  • 水戸学

    幕末動乱の元凶は水戸学に有り

    欧米列強の脅威を前に国内を二分し、同胞同士が争うことになってしまった幕末。 徳川家康が天下統一を果たして以来、250年もの長い間、盤石であった徳川幕府を滅ぼしたのは、「尊皇攘夷(そんのうじょうい)」を掲げた下級武士…
  • 緒方洪庵

    緒方洪庵 幕末の予防医学を大きく進歩された功労者

    緒方洪庵(おがた-こうあん)は1810年7月14日午前5時~6時頃、備中国足守藩士・緒方瀬左衛門(佐伯瀬左衛門惟因)の3男として足守(現・岡山県岡山市北区足守)にて生まれた。幼名は章。 父は33俵4人扶持の下級藩士。 …
  • 黒船

    黒船を作ってしまった 幕末の蘭方医と提灯屋

    海に囲まれた国で暮らす日本人にとって、船は様々な恩恵をもたらす大切な乗り物でした。その歴史は古く、日本人は縄文時代の頃から、簡素な丸木船を操って自由に海を行き来していたのです。 また、船と人が移動することで、他国と…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る