タグ:幕末

  • 平賀源内

    5分でわかる平賀源内~エレキテルで知られる多芸多才な時代の先駆者

    平賀源内(ひらが-げんない)は江戸時代中期の発明家として知られますが、どのような生い立ちだったのでしょうか? 出来る限り完結に記載したいと存じます。 平賀源内は讃岐・高松藩の藩士・白石茂左衛門の3男として、現…
  • 黒船

    黒船を作ってしまった 幕末の蘭方医と提灯屋

    海に囲まれた国で暮らす日本人にとって、船は様々な恩恵をもたらす大切な乗り物でした。その歴史は古く、日本人は縄文時代の頃から、簡素な丸木船を操って自由に海を行き来していたのです。 また、船と人が移動することで、他国と…
  • 御陵衛士

    御陵衛士 油小路の変で壊滅 知られざる活動内容とは?

    新選組が題材となっている小説・漫画・ドラマでは、池田屋事件同様、油小路の変が見せ場になっています。 新選組から御陵衛士として離隊した伊藤甲子太郎の暗殺、その亡骸を引き取りに来た御陵衛士との乱戦。 それだけではなく、御…
  • 明保野亭事件

    池田屋事件の数日後に起こった明保野亭事件とは? 実は現在でも営業していた

    元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件によって、京都守護職お預かりの新選組は、京都の治安維持組織として内実ともに認められました。 この池田屋事件をきっかけに、新選組は市中の取り締まりを強化します。 ですが、それと…
  • 土方歳三の解説 新撰組副長としての「生き様」とは

    土方歳三の信念は「武士よりも、武士らしく。」そして、夢は「新選組を天下一の組織にし、近藤勇を大名にする。」です。 土方歳三(ひじかた-としぞう)が生まれた家は、東京・多摩の豪農です。 多摩は徳川家の天領でしたので「将…
  • 林忠崇

    林忠崇とは 脱藩大名で最後の大名 請西藩主

    林忠崇(はやし-ただたか)は、上総・請西藩主である林忠旭の5男として、幕末の1848年に生まれました。 1万石となる請西藩(じょうざい-はん)と言う場所は、千葉県木更津市請西でして、真武根陣屋(まふねじんや・請西陣屋)…
  • 二宮尊徳の生家を訪ねて【二宮尊徳の解説】

    二宮尊徳(にのみや-そんとく)は、相模国足柄上郡栢山村(神奈川県小田原市栢山)の百姓・利右衛門の長男として、1787年7月23日に生まれた。 母の名はよし。 通称は金治郎(きんじろう)だが、金次郎と表記される…
  • 芹沢鴨とは 壬生浪士組筆頭も暗殺されるその要因は?

    芹沢鴨(せりざわ-かも)は、水戸藩の浪士であるが、出自や生年には諸説あり謎が多い。 北茨城市の神官である下村祐斉義次の娘と結婚し「下村嗣次」と言う名が前名とされ、1860年頃は玉造勢に加わり、石岡や潮来の豪商・豪農から…

新着記事

  1. 浮世絵師有名親子3選
    浮世絵は江戸時代から明治初期に登場した、だれでも気軽に手にすることのできる絵画で、現在でいう広告など…
  2. 高島秋帆
    高島秋帆(たかしま-しゅうはん)は、江戸時代後期の1789年に生まれた砲術家で、父は長崎の町年寄であ…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る