カテゴリー:花燃ゆ

  • 禁門の変とは~蛤御門の変の経緯などの詳細版

    禁門の変(きんもんのへん)は、長州藩が京都での復権を目指して、会津藩の排除を挑んだ武力衝突で、1864年7月19日、京都御所付近で戦闘となった。 蛤御門が禁門の変の最大の激戦地になったことから、蛤御門の変(はまぐり)と…
  • 八月十八日の政変とは?わかりやすく解説

     八月十八日の政変(はちがつじゅうはちにちのせいへん)とは、幕末の1863年8月18日に、公武合体派が尊皇攘夷過激派を京都から追放した政変(クーデター)。  朝廷・孝明天皇を尊王とし、外国を打ち払う攘夷を唱えた長州…
  • 白石正一郎 長州藩の尊王攘夷派を資金面で支援した陰の功労者

     白石正一郎(しらいししょういちろう)は、長門の赤間関竹崎にて萬問屋(荷受問屋、廻船問屋)の小倉屋主人・白石卯兵衛の長男として、1812年3月7日に生まれた。通称は駒吉。または熊之助。号は橘円。  母は艶子。  …
  • 石谷因幡守(石谷穆清) 北町奉行・五手掛として安政の大獄を断行

     石谷因幡守・石谷穆清(いしがやあつきよ)は、幕末の江戸幕府旗本だが、生没年などは不明。  官位は因幡守、後に長門守となっている。  なお、江戸時代の初めに江戸北町奉行を務めた石谷貞清の子孫とされる。 …
  • 草莽崛起とは そうもうくっき論

    草莽崛起とは?草莽崛起(そうもうくっき)の意味を調べてみました。 「草莽」とは『孟子』にて、草木の間に潜む隠者、すなわち一般大衆(国民)の事を差します。 「崛起」とは「立ち上がれ」という意味との事です。 …
  • 新井領一郎とは 群馬のルネサンス・日本の近代化に貢献した先人

     幕末に開国した日本が外貨を獲得するため、重要な輸出品となった「生糸」。  世界遺産となった富岡製糸場が、群馬に建設されたのは、この群馬では養蚕業、製糸業が盛んだったからだ。  しかし、明治初期までは、日本人が作…
  • 船津伝次平 日本三老農として混合農法(船津農法)を広めた功労者

     船津伝次平(ふなつでんじべい)は、上野国原之郷(前橋市富士見町原之郷)出身の名主で、幕末の1832年に生まれた。  幼名は市蔵。  幼い頃は、農業を営む父が農閑期に開いた寺子屋で学んだ。  船津伝次平が生まれ…
  • 下村善太郎 前橋の発展に大きく寄与した前橋建設の父

     下村善太郎(しもむらぜんたろう)は、前橋の小間物商「三好善」下村重右衛門の子として1827年4月28日に生まれた。幼名は定之丞。  16歳で妻・せいと結婚して下村善右衛門と称し、家業を継いたが、賭博や米相場に手を…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る