白石正一郎 長州藩の尊王攘夷派を資金面で支援した陰の功労者


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 白石正一郎(しらいししょういちろう)は、長門の赤間関竹崎にて萬問屋(荷受問屋、廻船問屋)の小倉屋主人・白石卯兵衛の長男として、1812年3月7日に生まれた。通称は駒吉。または熊之助。号は橘円。
 母は艶子。

 小倉屋は米、たばこ、反物、酒、茶、塩、木材などの商品を取り扱った他、質屋や酒造も行っており、商船を所有するなど資金も豊富だったと言う。
 下関と言う要所にあって、長州藩をはじめ諸藩からも依頼を受けて品揃えした。

 そんな裕福な商家に生まれ、家業を継いだ白石正一郎は、43歳のとき、鈴木重胤から国学を学ぶと尊皇攘夷に強い関心を持つようになり、1855年には西郷隆盛が白石正一郎を訪ねて無二の親友になったと言う。
 そのような経緯もあり、1861年に小倉屋は薩摩藩の御用達となったのだが、この西郷隆盛を宿泊させたのが、志士への支援の始まりであった。

 一方で月照上人、平野国臣真木保臣らとも親しく、以降は損得抜きで長州藩の久坂玄瑞高杉晋作桂小五郎、薩摩藩の大久保利通小松帯刀、筑前の平野国臣、久留米藩の真木和泉らを資金面で援助した。

 土佐藩を脱藩した坂本龍馬中岡慎太郎なども一時、白石邸に身を寄せ下関での拠点としている。

 1863年6月7日、24歳の高杉晋作が奇兵隊を創設した際にも資金援助しただけでなく、奇兵隊の屯所として白石家の屋敷を提供した。
 また、52歳の白石正一郎自身も弟・白石廉作と一緒に入隊し、奇兵隊の会計方を務め、7月には長州藩の士分に取り立てられている。
 奇兵隊の資金は藩からはほとんど出てなく、西洋式軍装を整えることができたのは白石正一郎が、費用を負担したからだと言えよう。

 都から落ち延びた七卿も、下関では白石邸に逗留。病に倒れた錦小路頼徳は白石正一郎が医療費・葬式費用とすべて負担し看取った。

 しかし、支援した勤労の志士は400人に及んだとされるように多額な援助を行ってきたため、1865年末頃から資金が底をついてきたと言われているが、明治維新の陰の功労者と言えるだろう。

スポンサーリンク


 白石正一郎の母・艶子(津屋)が奥向きの事を取り仕切り、妻・加寿子と、弟の妻・延子らも協力を惜しまなかった。
 三条実美卿は滞在中に「妻子らも心ひとつに君のためつくせる宿ぞさきくもあらめ」と、心暖まるおもてなしに感謝している。

 1866年2月23日、肺を患った高杉晋作の母・みち、高杉雅と子の高杉梅之進が下関にやってきた際、高杉晋作は愛人・おうのと生活していたため、白石正一郎に泣きついたと言う逸話もある。
 おうのを身請けする資金を提供したのも、白石正一郎だ。

 福岡の野村望東尼が、島抜けをした際にも、白石邸にて匿われている。

 戊辰戦争以降も、なんとか商売は続けたものの、元奇兵隊の隊士への資金援助は続けたようで、明治8年(1875年)に、ついに自己破産している。

 その後は、赤間神宮の2代宮司となり、ひっそりと暮らしたと言う。

 そして、明治13年(1880年)8月31日に69歳で死去。

 赤間神宮の背後の紅石山に奥都城が建てられ、隣には真木保臣の次男・真木菊四郎の墓が並ぶ。

 長州藩や尊王攘夷の志士が思いきり活躍できたのも、この白石正一郎がいたからこそだと言っても、過言ではないだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る