志道又三郎 井上喜左衛門 野山獄の囚人


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 志道又三郎(しじまたさぶろう)は1803年生まれの幕末期の長州藩、野山獄の囚人。

 井上喜左衛門に関しても、野山獄にいたと言う事以外、よくわからない。
 「花燃ゆ」では、井上喜左衛門が捨ててあったお手玉を高須久子に渡すと「大切だから捨てた」と言われている。

 野山獄に収監されていた為、恐らくは2人とも長州藩士であったと考えられるが、没年など詳しい事は全く不明である。

 吉田松陰が野山獄に入獄した際には、すでに囚人であった。

 と言う事で、お知らせできる事もこれくらいしかない。
 申し訳ない・・。
 と言う事で、もし、何かご存知の方おられたら、ページ下部のコメント欄からでも情報をお願い申し上げたい。

 野山獄とは?

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る