益田親施(益田右衛門介) 禁門の変で長州藩総大将となった筆頭家老


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 益田親施(益田右衛門介)は長州藩永代家老・益田元宣の3男(次男とも?)として1802年に生まれた。通称は幾三郎、弾正、のち越中、右衛門介。
 母は正室である益田房清の娘・益田孝子(美智子とも?)

 益田親施(ますだちかのぶ)の益田家は、もともと毛利元就に仕えた家老で、周布政之助も一族である。
 父・益田元宣は村田清風と共に藩政改革に当たり、明倫館の拡大移転も総奉行として活躍していた。
 そんな父が1849年3月に死去すると、兄・益田親興も既に他界していた為、亡くなっていたため、須佐領12063石の家督を継ぐ。
 この年、山鹿流兵学者である吉田松陰(20歳)に入門もしている。

 1851年7月、組物頭の惣頭役に就任。

 1853年、ペリー提督黒船来航となると、徳川幕府より長州藩が相模防衛を命じられ、12月に相模国浦賀警備惣奉行(相州警衛総奉行)の役を授かり、1854年2月江戸に到着。
 3月には加判役を兼務している。
 ※浦賀奉行所の奉行職ではないので、念のため記載しておく。

 1855年4月、長州に戻ると、1856年4月に国元当職(国家老)となり、藩政改革に尽力する。
 ハリスとの通商条約締結問題となると、1858年、周布政之助らと徳川幕府に攘夷を決行するべきだと建白。
 「朝廷に対しては忠節、幕府に対しては信義、祖先には孝道」という長州藩の三大原則を唱えた。

スポンサーリンク


 1858年6月、江戸当役となり、江戸の長州藩邸に詰める。
 1862年、尊攘の藩是決定に参画し、1863年3月には国元にて留守居役となる。

 1863年7月に上洛すると孝明天皇真木保臣らと攘夷親征を提言し、大和行幸の勅を引き出した。
 しかし、中川宮・薩摩藩・会津藩の抵抗にあい、八月十八日の政変となる。
 そして、益田親施(益田兼施)は7人の公卿と共に長州に帰国。

 その後、長州藩復権の為、福原元僴国司親相(国司信濃)ら3家老の1人として、久坂玄瑞来島又兵衛、国司親相らと京に兵を送ると、総大将として指揮した。
 禁門の変では、久坂玄瑞と共に山崎天王山に布陣したが、薩摩藩・会津藩らに敗れ、天王山で殿(しんがり)を務めた後、負傷者を駕篭で送るなどして長州に帰国している。

 御所に向かって発砲したことで、長州藩は朝敵となり、責任を取る形で所領・阿武郡須佐にて謹慎した。
 そして、第一次長州征伐となると、政権は恭順派(保守派)椋梨藤太らに握られ、8幕府軍より3家老は責任を問われる事となり、徳山藩に身柄を預けられる。
 その後、筆頭家老・益田親施と家老・福原越後、家老。国司信濃の3家老の死を持って幕府と和睦することとなり、惣持院にて切腹した。

 なお、この時、三家老を奪い取ろうとする動きがあったため、1864年11月12日の処刑の予定が早まり、前日11日夜に自刃を命じられている。享年32歳。

 法名は高正院大義全明。墓所は笠松山麓にある。

 実子・益田精次郎(益田精祥)がまだ3歳と幼少であったため、妹・房子の夫である桂親澄が、益田親祥と称して一時家督を継承。
 そして、1865年3月には益田精祥が家督を相続した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る