無給通士 (無給通組)とは? その収入の実態




 長州藩 毛利本家 36万9411石
 長府藩 長府毛利家 8万3011石
 徳山藩 徳山毛利家 4万0010石

 長州藩の無給通組(無給通士無給組士)とは、家臣団の中でも、下士の上等で、給地を支給されない下級武士であった。

 無給通総頭が統率し、寺島忠三郎は70石、吉田松陰の実家である杉百合之助も無給通士で、僅か26石であった。

 貨幣価値・物価の違いこそあり、一概に比較はできないが、26石は現代の収入として税込年収260万?といったところだろう。

 長州藩の場合、実収入は四割(4ツ成)と言い、40%であった為、26石だと実質10.4石。
 すなわち、手取りが年104万円?とも言える。

 その他に、御馳走米(ごちそうまい)と言い、引かれるものがあったと言うので、多い時で家族が11人いた、杉文の杉家などは、経済的に大変苦労し、武士と言えども田畑を耕して生活したのだ。

[RSSImport display=”5″ feedurl=”https://jpreki.com/feed/” before_desc=”
” displaydescriptions=”TRUE” after_desc=” ” html=”FALSE” truncatedescchar=”200″ truncatedescstring=” … ” truncatetitlechar=”” truncatetitlestring=” … ” before_date=” ” date=”FALSE” after_date=”” date_format=”” before_creator=” ” creator=”FALSE” after_creator=”” start_items=”

    ” end_items=”

” start_item=”

  • ” end_item=”
  • ” target=”” rel=”” desc4title=”” charsetscan=”FALSE” debug=”FALSE” before_noitems=”

    ” noitems=”No items, feed is empty.” after_noitems=”

    ” before_error=”

    ” error=”Error: Feed has an error or is not valid” after_error=”

    ” paging=”FALSE” prev_paging_link=”« Previous” next_paging_link=”Next »” prev_paging_title=”more items” next_paging_title=”more items” use_simplepie=”FALSE”]



    高田哲哉日本の歴史研究家

    投稿者プロフィール

    (株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
    20年以上、歴史上の人物を調査している研究家です。
    日本全国に出張して史跡も取材させて頂いております。
    資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    Twitterfollow

    共有御礼申しあげます



    ページ上部へ戻る