毛利伊勢【毛利親彦】とは?~長州藩の家老


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 毛利伊勢(毛利親彦、もうり-ちかひこ)は、長州藩の永代家老である阿川毛利家(7391石)の第14代目として1830年に生まれた。
 父は毛利熙徳で、母は正室の毛利熈頼の娘。
 通称は毛利山三郎、毛利主計、毛利伊勢。初名は毛利倫周。

 阿川毛利家の初代・毛利元氏は、毛利元就の孫である。

 1838年に父が死去すると家督を相続して阿川領主となった。

 そして長州藩の加判役(家老)として藩主・毛利敬親に仕えると、偏諱を受けて毛利親倫と改名し、その後、毛利親彦と称した。

スポンサーリンク


 1845年には阿川八幡宮を修復したことも伺える。
 1847年には孝明天皇即位式の祝賀使を務めるなど、度々上京して毛利家の外交を担っている。

 1862年、約7日間の遠慮の罪となっている。
 
 1863年、隠居して家督を嫡男・毛利親経に譲ったが、禁門の変で長州藩が敗れて、1864年に藩内の保守派(俗論派)である椋梨藤太が政権を取ると、加判役に復帰して保守派として幕府に恭順謝罪の方針を取った。

 1864年には藩主・毛利敬親の御前会議に出席し、井上聞多と激論を交わしている。
 高杉晋作が功山寺挙兵すると、革新派に政権が変わり、毛利伊勢は更迭され、椋梨藤太は野山獄で斬首された。

 1867年、嫡男の毛利親経(毛利寛)が病を理由に隠居。そのため、毛利伊勢が再家督し16代目となった。
 1867年6月には奇兵隊の総督にも就任した。

 明治6年(1873年)1月6日死去。享年44。
 墓は萩市中津江にある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る