1分でわかる 伊藤利助 (伊藤博文)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 伊藤利助(伊藤博文)は、周防の貧しい農家の生まれだが、父・林十蔵が破産して萩に移り住むと、父が長州藩の蔵元付中間・水井武兵衛の養子となり、のちに周防の足軽・伊藤弥右衛門の養子となった為、父と伊藤利助は足軽となった。

 ペリー提督黒船来航後、江戸湾警備のため相模に派遣されると、長州藩士の来原良蔵に才能を認められて、吉田松陰松下村塾を紹介され入門した。
 吉田松陰の刑死後、桂小五郎久坂玄瑞高杉晋作井上馨らと尊王攘夷運動を活発化させ、品川御殿山の英国公使館焼き討ちにも参加。

 井上聞多 (井上馨) らとイギリスに留学すると圧倒的な国力の差を目の当たりにして開国論に転じ、留学先で外国艦隊による長州藩との戦争が近いと知ると、急いで帰国し、藩論を開国へと導こうとしたが失敗。

 長州藩が第一次長州征伐で幕府に恭順の姿勢を見せると、高杉晋作らに従い力士隊を率いて功山寺挙兵に参加した。

 明治政府では帝国憲法の制定、天皇制の確立に尽力。
 そして、初代の総理大臣に任命された他、枢密院議長、立憲政友会総裁などを歴任。
 組閣四度に及び、その間に日清戦争を遂行し勝利に導く。
 1905年(明治38年)には、初代の韓国統監。
 しかし、ハルビンで安重根(アンジユングン)に暗殺された。

 → 伊藤博文の人物像と偉業に迫る

スポンサーリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る