薩長同盟 (薩長盟約、薩長連合) とは? 約束内容は?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

薩長同盟(さっちょうどうめい)は、江戸時代の幕末である1866年1月21日に、京都の薩摩藩士・小松帯刀邸にて締結された、薩摩藩と長州藩の政治的・軍事的密約同盟。

薩摩藩と長州藩は、幕末の京都にて大きな影響力を持ったが、薩摩藩が、公武合体の立場から幕府の開国路線を支持しつつ幕政改革を求めたのに対し、長州藩は急進的な破約攘夷論を奉じて反幕的姿勢を強める尊王攘夷を目指した。

薩摩藩は1863年8月18日に中川宮と会津藩に協力して、長州藩勢力を京都から追放(八月十八日の政変)し、翌1864年7月19日には、上京出兵した長州藩兵と戦火を交え敗走させた。(禁門の変)
その為、長州藩は徳川幕府から第一次長州征討を受け、イギリス・フランス・アメリカ・オランダ四カ国が日本国内への干渉をしない方針を打ち出し、長州藩は最新の西洋兵器の購入もできなくなり、窮地に陥った

一方、薩摩藩においては、幕府権勢の回復ばかりを目指し、国難を打開することができない徳川幕府の幕政改革に見通しが立たず、大久保利通西郷隆盛らは徳川幕府に不満を募らせていた。

そんな中、徳川幕府による第二次長州征伐が発せられるのではと言う憶測もあり、長州藩は幕府軍に勝利して倒幕する方法、薩摩藩は表には立ちたくなかったが国難を打開するべく倒幕する方法を模索するようになる。
イギリスの駐日公使であるハリー・パークスが長州藩の高杉晋作と会談したり、薩摩藩や土佐藩を訪問したこともあり、雄藩を結びつく行動を取った。

スポンサーリンク


その後、土佐藩の脱藩浪人・坂本龍馬中岡慎太郎の斡旋もあり、主戦派である長州藩の重臣・福永喜助 宅において会談が進められた。
下関での会談は、直前に西郷隆盛が拒否する事態もあったが、1月21日(18日、22日説も)小松帯刀 邸で、坂本龍馬が仲介し、薩摩藩の西郷隆盛・小松帯刀と、長州藩の木戸貫治(桂小五郎)が、6か条に同意して、同盟を締結した。
この時、他の薩摩側出席者は大久保利通、島津伊勢、桂久武、吉井友実、奈良原繁。

「長州は国家存亡の危機的状況である。しかし、だからこそ、自分から助けてくれとは言い出せない。今回、話がまとまらなければ、討ち死にするだけである。自分らが死んだとしても、薩摩が勤皇の意思を継いでくれるだろう」と桂小五郎が坂本龍馬に述べると、すぐさま西郷隆盛に詰め寄り「あなた方は余裕がある。長州の苦しみは察しがつくだろう。長州側から言い出せない理由もわかってほしい。」と言った、この坂本龍馬の一言で、一気に同盟成立へと至ったのである。


※この画像の2次使用は自由としています。画像クリックすると拡大します。

薩長盟約(同盟)の内容

『薩長同盟盟約覚書』 表面:桂小五郎筆  裏面:坂本龍馬筆 による記録をわかりやすく解釈して記載する。

(1)幕府と長州の間で戦となった時には、薩摩藩はすぐに2000の兵を出す
(2)戦局が不利になっても、薩摩藩は朝廷へ上申して長州藩のために尽力する。
(3)万が一、敗戦濃厚でも長州藩は半年や1年では壊滅しないので、長州藩がある限り尽力して欲しい。
(4)長州が勝っても、勝負なく幕府が江戸へ戻っても、そして長州が負けても、壊滅するまで朝敵の冤罪を許してもらえるよう尽力して欲しい。
(5)幕府が兵力を増強し、会津・桑名藩なども強硬の姿勢をとり続けるときは、薩摩藩は幕府と決戦に及ぶ。
(6)長州藩の冤罪が晴れたら薩長双方とも一体化し、皇国のため、皇威発揚のため、きっと尽力する。



この密約に基づき、薩摩藩は幕府には内緒で長州藩の代わりに武器を購入して長州藩に提供。
また、徳川幕府による第二次長州征討に際には出兵を拒否し、以後、薩長の連携関係は深まって行った。

この薩長盟約は、両藩の有志が秘密裏に約束したにすぎず、具体的に倒幕を目的とした内容でもなかったが、長州藩は厳しい孤立からの脱却する契機となり、長州再征で徳川幕府軍を破ると、薩摩藩と長州藩は倒幕の中心勢力となっていった。

長州藩のカテゴリは約120記事ありますので、是非ご覧ください。
薩摩藩カテゴリも20記事以上で増加中です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る