尊王攘夷と公武合体とは?幕末の政治運動を分かりやすくお伝えします


スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めに尊王攘夷とはなんぞや?と言うところから解説致します。

尊王攘夷とは

尊王攘夷(そんのうじょうい)の「尊王」とは、王=すなわち「天皇」を敬い、「攘夷」(じょうい)は、外敵(外国の侵略)を撃退しようとする思想です。

幕末の日本では、外国船が頻繁に日本近海に現れるようになり、江戸幕府に対して開国を要求しました。

その外国(外敵)に対抗するべく、外国人を排斥する思想「攘夷」を唱える志士が現れた訳ですが、徳川幕府は外国との軍事力の違いが大きいと気が付いたので、開国します。
もちろん、ただ開国した訳ではなく、外国の最新技術を学び、国力をつけるという富国強兵策を取ろうとしました。

しかし、開国してみると、外国人が日本に入ったため、日本の人々はビックリして混乱し、幕府は外国に対して弱腰のだと非難が起こります。
そして、外国勢力に対する反感が強まり、外国の強さを余り良く知らない大半の日本人は、武力によって外国を排除して鎖国を維持しようと考えました。

スポンサーリンク


尊王(そんのう)、すなわち天皇を第一と考えるのは、当時の日本人のほとんどがそうであり、佐幕(幕府側)で新選組を率いた近藤勇らも、徳川家が大事とする前に「尊王」があります。
京都にも最初は「尊王」、すなわち、天皇を守りたくて上京したのです。
簡単に言いますと、日本で一番偉い人は天皇であり、徳川慶喜などの徳川将軍は、政治を代行していると言う考え方が浸透していたので、普通の武士や志士にとって大事な人は天皇な訳です。

このようにして、幕府のためにではなく、天皇のためと言う尊王論と、外国人を追い払うと言う攘夷論が結びついて、下級武士を中心として尊王攘夷運動がおこります。
これに答えるかのように、天皇自身も外国人が京都に入るのを嫌い、攘夷(外国を追い払う)と言う考え方になると、幕府に対して攘夷実行を迫った事も大きいです。
そのため、幕府は公武合体政策(天皇と幕府の関係を強化する)を取り政治の安定を図りますが、大老・井伊直弼が、朝廷の許可を得ずに、攘夷とは真逆の開国を勝手に決めたと、尊王攘夷派は大きく反発します。

そのため、長州藩は、一時「破約攘夷」(はやくじょうい)と言う、通商条約を破棄した上での攘夷を掲げます。

このように攘夷の先頭とも言える薩摩藩と長州藩は、自分で率先して外国を追い払おうと、薩英戦争や下関戦争で外国船と戦います。
潔く攘夷を決行したのはよかったのですが、結果的に諸外国の圧倒的な武力には叶わず、大敗を喫したことで、薩長も武力による攘夷は不可能であることがわかりました。

その為、尊王攘夷は、開国・倒幕へと転換されて、以後は幕府を倒すと言う運動となった訳です。
外国に負けて最新兵器の強さを知った薩摩藩と長州藩は、新たに洋式の武器も購入したので、旧式の幕府軍よりも優れた戦闘力を手に入れたのです。

公武合体とは

上記でも少し触れましたが、尊王攘夷対して「公武合体」と言う言葉があります。

公武合体(こうぶがったい)の「公」は公家、要するに京都の朝廷(天皇)をさし、「武」は武家である江戸の幕府のことを意味します。
要するに、外国船が頻繁に日本近海に訪れ、開国を要求されると言う難局に、もはや江戸幕府の力だけでは立ち向かう事ができないと考え、朝廷と幕府を合体させるくらいの一枚岩にして対処しようとした考え方です。

弱まりつつある江戸幕府の体制を、朝廷の伝統的権威と結びつけることで、政治を建て直そうとしました。

そのため、1861年には、孝明天皇の妹・和宮(かずのみや)が、徳川家の14代将軍・徳川家茂へ降嫁もしていますが、これも幕府と朝廷の「公武合体」の考え方に基づくものです。

奇兵隊とは~高杉晋作が理想掲げた軍隊は強かった
幕末とは? 小学生でもわかる幕末
草莽崛起とは そうもうくっき論
征韓論とは西郷隆盛VS大久保利通・岩倉具視の戦い

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る