至誠にして動かざる者は未だ之れ有らざるなり  孟子・離婁上「花燃ゆ」


スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で吉田寅次郎(吉田松陰)が、口癖のように述べる言葉である「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり」
至誠而不動者未之有也
The thing that makes to sincerity and doesn’t move is becoming in which this is not yet.
は戦国時代中国(紀元前300年頃)の儒学者「孟子」の言葉である。

現代語訳するとこんな感じだ。

「一生懸命に頑張れば、動かすことができないことなどない」

すなわち、無理だと思うような事でも、行動することが大切だと言う意味でもある。

至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり

は、吉田松陰が江戸に護送される際の最後に述べた言葉でもある。

ちなみに「学は人たる所以を学ぶなり」は、学問とは、人間とは何かを学ぶものだ。

スポンサーリンク


「志を立ててもって万事の源となす」は、志をたてることが、すべての源となる。

と言う意味となる。

 → 草莽崛起とは
 → 吉田松陰の最後の遺言「留魂録」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る