タグ:尊王攘夷

  • 四条隆謌~唯一帝国陸軍の道を歩んだ幕末の公卿

     四条隆謌(しじょうたかうた)は、権大納言・四条隆生の2男として1828年9月9日に生まれた。  1862年10月、孝明天皇の侍従に就任。  1863年、中川宮や薩摩藩・会津藩による八月十八日の政変では、三条…
  • 壬生基修 七卿落ちの1人である東京府知事

     壬生基修(みぶもとおさ)は、参議・庭田重基の三男として1835年4月4日に生まれた。  庭田家は、藤原氏北家である園家の支流。  壬生道吉の養子となり、1850年には昇殿している。  正室は四辻公績の四女・重…
  • 三条西季知とは~国学・和歌に通じた公卿

     三条西季知(さんじょうにしすえとも)は、三条西実勲の子として1811年2月26日に生まれた。  母は三条実起の長女。  通称銓丸、字は子迪、名は知、変名榎木藤一郎、号は蓬翁。  香川景樹や高松公祐の門人と…
  • 尾崎三良とは 総裁・議定・参与の三職を考案した英傑

     尾崎三良(おざきさぶろう)は、尾崎盛之と4男として、1842年1月22、山城国葛野郡西院村(京都市西院)に生まれた。幼名は捨三郎、別名を戸田雅楽とも言う。  母は桃華子。  幼い頃に両親を失くしたようだが、学問…
  • 白石正一郎 長州藩の尊王攘夷派を資金面で支援した陰の功労者

     白石正一郎(しらいししょういちろう)は、長門の赤間関竹崎にて萬問屋(荷受問屋、廻船問屋)の小倉屋主人・白石卯兵衛の長男として、1812年3月7日に生まれた。通称は駒吉。または熊之助。号は橘円。  母は艶子。  …
  • 吉川経幹 幕末における岩国の英雄・岩国領主

    吉川経幹(きっかわつねまさ)は長州藩の支藩となる周防岩国領(6万石)の第11代領主・吉川経章の長男で、1829年9月3日に生まれた。通称は監物。幼名は亀之進。 母は家臣・長井元幹の娘・梅(清操院、長井省吾の妹)。 …
  • 草莽崛起とは そうもうくっき論

    草莽崛起とは?草莽崛起(そうもうくっき)の意味を調べてみました。 「草莽」とは『孟子』にて、草木の間に潜む隠者、すなわち一般大衆(国民)の事を差します。 「崛起」とは「立ち上がれ」という意味との事です。 …
  • 渋沢栄一(渋沢栄二郎)とは 日本の実業界・社会福祉・教育などに大きく貢献した偉人

    渋沢栄一(しぶさわえいいち)は、武蔵国榛沢郡血洗島村(埼玉県深谷市血洗島)にて、豪農・渋沢市郎右衛門の長男として1840年2月13日に生まれた。 母の名はエイ。幼名は渋沢栄二郎。のちに、渋沢栄一郎、渋沢篤太夫、渋沢篤太…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る