弘中勝之進  野山獄の囚人


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 弘中勝之進は、人を切った殺人の罪で、長州藩の野山獄に収監されていた。生没年など詳しい事は全く不明だ。

 吉田松陰が入った際には既に17年も獄中にいたとされるが、士分が入る野山獄にいたので、恐らくは長州藩士であったのだろうか?

 その後、吉田松陰の運動で多くの囚人が解放されたが、高須久子らと共にそのまま獄中生活を継続したようだ。

 2010年劇場公開の映画「獄に咲く花」で、弘中勝之進はいつも皮肉を言い、皆から煙たがれると言う設定であった。

 弘中勝之進など、野山獄の囚人に関しては情報が少ないため、是非、ページ下部にあるコメント欄にも情報を寄せて頂けると助かる。

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る