金子ツル~岩倉獄に捕われた金子重輔 (金子重之輔)の母


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 金子ツルは、吉田松陰と共に密航をしようと同行した、金子重輔(金子重之輔)の母で、2015年NHK大河ドラマでは、麻生祐未さんが演じている。

 夫と染物屋を営み、子の金子重輔(金子重之輔)を大切に育てたが、そんな家業を嫌い、江戸に出て長州藩邸で働いていた金子重輔を吉田松陰が誘って、ベーリー提督の黒船へ乗り込み密航しようと計画した。

 しかし、失敗して、吉田松陰と共に金子重輔が、密航の罪で江戸から萩へ護送されると、金子重輔は武士では無かったため、劣悪な環境の岩倉獄に収容された。

 金子重輔の身体は病で既にかなり弱っており、そんな息子を心配して、金子ツルは毎日のように岩倉獄へ通ったとされるが、会う事は叶わなかったようだ。
 そんな折り、道を挟んで反対側にあった野山獄の吉田松陰の元に通う、杉文と、金子ツルは出会ったとされ、心を通わせていく。

 現在の岩倉獄跡には、金子重輔絶命の詩碑と、吉田松陰が金子重輔に与えた詩碑が建てられ、野山獄跡とともに萩藩の波乱に富んだ維新当時を偲ぶことができる。

 金子重輔についてはこちら

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」 キャスト一覧

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る