カテゴリー:長州藩

  • 来原良蔵 学識高い文武両道の達人も責任を感じで自決

    来原良蔵(くるはらりょうぞう)は、長門国阿武郡福井上村石原にて長州藩・大組(八組)の福原光茂の3男として、1829年12月2日に生まれた。 母は福原伊代(来原理右衛門の娘)。 幼い頃は福原冬嶺から学び、184…
  • 内藤一馬  長州藩・大組200石

     NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の第2回「波乱の恋文」に登場する、長州藩士の大組・200石の内藤一馬。  演じるのは田中仁さんですね。  幕末期の長州藩士は約6000名で、大きく分けて、一門衆の永代家老、寄組…
  • 興丸【毛利元昭】杉文(久坂美和)が守役となった長州藩主の子

     毛利元昭(もうりもとあきら)は、1865年2月7日に萩の八丁邸にて生まれた。  父は長州藩最後の藩主であった毛利元徳で、その長男として誕生した。幼名は興丸。後に琢堂と号している。  母は銀姫(毛利安子、長府…
  • 月性 (げっしょう) 妙円寺の住職で尊王攘夷派の僧

    月性(げっしょう)は周防国遠崎(現柳井市遠崎)の妙円寺にて、1817年9月27日に生まれた。 字を知円(ちえん)といい、初め烟渓(えんけい)、後に清狂(せいきょう)と号している。 母・尾上(おのえ)は、岩国市…
  • 毛利元徳 (毛利広封、毛利定広) 長州藩最後の藩主

     毛利元徳は、徳山藩第8代藩主・毛利広鎮の10男として、1839年9月22日に生まれた。初名は広封、定広。  母は側室である三宅才助の娘・多喜勢(滝瀬)。  1852年2月27日、先代の藩主・毛利慶親(のちの…
  • 明倫館とは?  長州藩の藩校

     明倫館は1718年(享保3年)、長州藩第6代藩主・毛利吉元が、萩城の三の丸追廻し筋に創建した長州藩(萩藩)の藩校で、敷地面積は940坪。  長州藩の明日に担う有能な人材を育成することを目的として、毛利家家臣の子弟…
  • 薩長同盟 (薩長盟約、薩長連合) とは? 約束内容は?

    薩長同盟(さっちょうどうめい)は、江戸時代の幕末である1866年1月21日に、京都の薩摩藩士・小松帯刀邸にて締結された、薩摩藩と長州藩の政治的・軍事的密約同盟。 薩摩藩と長州藩は、幕末の京都にて大きな影響力を持った…
  • 山縣大華 (山県大華) 長州藩の明倫館学頭

     1781年生まれの山縣大華(山県大華)は、正統の朱子学者で、長州藩の藩校・明倫館の学長(学頭)をしていた。  20歳前後の吉田松陰が明倫館の先生となると、当時80代の山縣大華の朱子学的見解と意見が分かれ、論争…

新着記事

  1. 徳信院
    徳信院とは 徳信院(とくしんいん)は、幕末の女性で、一橋家の7代当主・徳川慶壽の正室となります…
  2. 徳川昭武
    徳川昭武とは 徳川昭武 (とくがわ-あきたけ) は、幕末における、水戸藩での最後となった11代…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る