広島原爆ドームと原爆資料館(平和記念資料館)~是非多くの外国人に訪問して頂きたいと願う


スポンサーリンク
スポンサーリンク

私はたしか高校生の修学旅行以来、かなり年月がたちましたが、家族で広島原爆ドームと原爆資料館を訪問致しました。
建物も昔とは異なり、内部の展示も今時の最新型になっていましたが、平日だと言うのに館内は非常に混んでいたと言うのが一番の印象です。

もちろん、目をそむけたくなるような展示もたくさんあります。
大やけどを負って痛かっただろうなどと考えますと、目頭が熱くなります。
しかし、これが1545年(昭和20年)8月6日、この広島の街に起きた現実であると言う事は、決して忘れてはいけません。

一発の原子爆弾により広島市街の建物は一瞬にして倒壊し、灰燼に帰しました。

2016年5月27日にはアメリカのオバマ大統領が、現職の大統領としては初めて被爆地・広島を訪問しました。
約5分と短い時間でしたが、広島平和記念資料館を見学し、オバマ大統領と安倍晋三・総理大臣が原爆死没者慰霊碑に献花して犠牲者に哀悼の意を示し、核兵器の廃絶を世界にアピール致しました。

私が今回訪問させて頂いた平日も、展示物をゆっくり見るのが困難なくらい、かなり混雑していました。

広島では推定で約14万人、長崎では推定7万4000人の市民が命を落とし、また生き残った多くの方も放射線やヤケドなどに苦しみました。

核兵器などの大量破壊兵器(大量殺戮兵器)は、特定の艦船や航空機などを破壊するものでは無く、都市とそこに住む市民を目標とするものです。
当然、そのような悪魔の兵器を行使すると言う事は、とても神様に褒められる事でもないと存じます。

広島を訪れると、本当に戦争はしてはいけない、戦争には反対しなければならないと強く感じます。
現在の日本においても隣国の行き過ぎた行為がよくニュースにもなりますが、そのような平和を脅かす行動は決して許せません。
とは言え、人間の有史から何千年も戦争は絶えないのが現実で、この瞬間も世界のどこかで戦争やテロが行われています。
戦争を世の中から無くすと言うのは、非常に難しいことかも知れませんが、同時に、諦めてはダメだとも思う次第です。

さて、原爆資料館(平和記念資料館)へのアクセスですが、市内電車(路面電車)の場合、紙屋町経由広島港(宇品)行きで「中電前」下車、または宮島口・江波行で「原爆ドーム前」下車、徒歩10分くらいとなります。
クルマの場合ですが、平和記念公園には観光バスのみが止められ、一般車両の駐車場ありません。
そのため、近隣の有料駐車場を利用する形となります。
広島市が公開している有料駐車場情報は下記です。

広島市営駐車場案内

一番便利なのは下記の地図ポイント地点の道路脇にある有料駐車場となります。

原爆ドーム付近と平和資料館の両方の見学で、見学所要時間は約40分~90分といったところです。

訪問させて頂いた際にも東南アジア系から欧米人などたくさんの外国人の方も熱心に展示資料などをご覧になっていました。
もっと、世界から多くの方に訪れて頂きたいと願う、広島の地です。

広島城の歴史とその見どころ~駐車場情報などの訪問記
安芸の宮島と厳島神社のみどころ&楽しみ方【世界遺産】
靖国神社【遊就館】東京でゼロ戦も見れる~外国人も訪れる2時間コース
函館要塞~函館山の砲台跡を訪ねて
北朝鮮の核爆弾50ktの威力や破壊力は広島型と比べてどのくらい強力なのか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る