タグ:明治政府

  • 榎本武揚 蝦夷共和国総裁として新政府軍と果敢に戦った戊辰戦争

    榎本武揚(えのもとたけあき)は、幕臣・榎本武規(榎本円兵衛)の次男として1836年8月25日、江戸下谷御徒町(東京都台東区御徒町)にて生まれた。 この父は榎本家の株を買い榎本武由(榎本武兵衛)の娘・榎本みつと結婚して婿…
  • 五代友厚の解説 大阪の経済発展に貢献した薩摩藩士(五代才助)

    五代友厚(五代才助)とは 五代友厚(ごだいともあつ)は薩摩藩士・記録奉行の五代直左衛門秀尭の次男として、江戸時代後期の1836年12月26日に薩摩国鹿児島城下の城谷で生まれた。名は友厚、通称徳助・才助、号は松陰。 …
  • 山川健次郎  東京帝国大学の初代総長 会津藩魂

     山川健次郎(やまかわけんじろう)は嘉永7年(1854年)生まれ-昭和6年(1931年)没。  日本国内に設置された7つの帝国大学のうち東京帝国大学、京都帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長に任ぜれている。  さ…
  • 花燃ゆ 野外ロケセット 写真 (ワープステーション江戸)

     NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の野外ロケセットが完成していると聞きつけまして、ようやく暇を見つけて行って参りました。  その場所は「ワープステーション江戸」です。江戸と名がついていますが、場所は東京ではなく茨城県つく…
  • 三条実美  尊王攘夷派の公家で明治天皇を補佐した太政大臣

     三条 実美(さんじょう さねとみ)は公卿・内大臣である三条実万の3男として1837年2月7日に京都梨木町(京都府上京区)にて生まれた。幼名は福麿。三條實美とも書く。  母は正室:紀子、眉寿姫 (土佐藩主・山内豊策の娘…
  • 貞宮多喜子 内親王

     貞宮多喜子内親王(さだのみやたきこないしんのう)は、1897年(明治30年)9月24日に生まれた明治天皇の第10皇女。  父は明治天皇で、母は典侍園祥子(伯爵・園基祥の次女)。  楫取素彦が明治30年、…
  • 尊王攘夷と公武合体とは?幕末の政治運動を分かりやすくお伝えします

    初めに尊王攘夷とはなんぞや?と言うところから解説致します。 尊王攘夷とは 尊王攘夷(そんのうじょうい)の「尊王」とは、王=すなわち「天皇」を敬い、「攘夷」(じょうい)は、外敵(外国の侵略)を撃退しようとする思…
  • 公爵 – 侯爵 – 伯爵 – 子爵 – 男爵とは?

     日本における爵位は、徳川幕府を倒して、新政府を樹立させた明治時代に、天皇を元首に近代国家を目指す過程で、西欧各国に習って華族制度を創設。  そして、元公卿・元諸侯などと、国家功労者の家・戸主に公・侯・伯・子・男の五爵…

新着記事

  1. 徳川昭武
    徳川昭武とは 徳川昭武 (とくがわ-あきたけ) は、幕末における、水戸藩での最後となった11代…
  2. 一条美賀子(徳川美賀子)とは 2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」にて、美賀君(みかぎみ)…
Twitterfollow

共有御礼申しあげます



ページ上部へ戻る