西郷琴とは~西郷隆盛の妹で西郷家の長女である西郷コト・市来琴の生涯


スポンサーリンク
スポンサーリンク

西郷琴(さいごう-こと)は、1832年に薩摩藩士・西郷吉兵衛と、その妻・西郷満佐子(西郷マサ)の間に生まれた長女となります。
兄の西郷隆盛(西郷隆永・西郷吉之助)から5歳年下の妹となりますが、どんな生涯を送ったのか?、調べられるだけ調べてみました。

年代は不明ですが、1852年に亡くなった父・西郷吉兵衛の存命中に、薩摩藩士で島津斉彬の側近である市来正之丞に嫁ぎ、市来琴(いちき-こと)と名を改めます。
しかし、兄・西郷隆盛が多忙で、家を空けることが多かったため、嫁いでからも西郷家の屋敷に赴いては、兄弟の面倒を見ていたとされます。

スポンサーリンク


また、西郷隆盛は、1858年に島津斉彬が亡くなるまで、市来正之丞に対して出した手紙は10通前後確認できています。

なお、西郷コト(市来琴)の子供としては、3人説と5人説など諸説あります。
その3人説でご紹介しますと、1849年生まれの市来宗介(いちき-そうすけ)、生年不明ですが弟の市来宗五郎(いちき-そうごろう)、安政3年(1856年)には市来勘六を生んでいます。
5人説では、弘化4年(1847年)頃に長男・市来嘉納次、1849頃に次男・市来宗介、1856年頃に三男・市来勘六、安政6年(1859年)11月13日に四男・市来政方(まさかた)、万延元年(1860年)頃に五男・市来宗五郎が誕生したとあります。
諸説あります、西郷コトが嫁いだのは、1852年とする説もありますので、継室のような形での結婚だった可能性も捨てきれません。

市来嘉納次は、慶応4年(明治元年・1868年)の戊辰戦争の際に越後にて戦死しました。享年21歳。

市来宗介(23歳)は、明治5年(1872年)2月28日に、西郷隆盛と愛加那の子である西郷菊次郎(11歳)を連れてアメリカ留学に出発しています。
市来勘六は、明治4年に東京築地の海軍兵学寮(海軍学校)に入学したとあります。

なお、西郷琴(市来琴)の夫である市来正之丞(いちき-まさのじょう)(市来政清)は、明治政府で働いたようで、1867年のパリ万国博覧会にて、日本使節団の一員としてその名が見受けられますが、明治7年(明治6年とも?)に死去したとされます。

市来宗介と市来宗五郎は、明治10年(1877年)の西南戦争の際に、西郷隆盛の薩軍に加わりましたが、市来宗介は熊本山鹿での政府軍との戦いで討死。(17歳)
兄・市来宗介は、西郷隆盛とともに鹿児島へ戻って最後まで城山にて籠城し、1877年9月24日の城山総攻撃の際に死去しました。
市来宗介は討死したとも捕縛後に斬首されたとも言われています。(28歳)

城山陥落の際に市来宗介から形見として預かった「懐中時計」を、従卒・末吉兄弟が、市来コトが避難していた市来郷養母村田代(日置市東市来町養母)まで届けています。

なお、市来宗介と市来宗五郎の墓は、南洲墓地の西郷隆盛の墓のすぐ後ろに、西郷小兵衛の墓をはさんで改葬されています。

その後、明治22年(1889年)に西郷隆盛の罪が赦免されると、市来琴子は妹の大山安子(大山巌の兄嫁)とともに上京したようですが、その後の生活はよくわかっていません。
市来琴は、1913年(大正2年)に亡くなりました。享年80。

子の市来政方は、外交官を務めたあと宮内庁に入って、のち宮中顧問官を担当しました。大正13年没で64歳です。

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」では、女優の桜庭ななみさんが演じられます。

西郷隆盛とは~1分でわかる薩摩の英雄・西郷隆盛 信義を貫いた巨星
西郷吉兵衛と西郷満佐子とは~西郷隆盛の父と母と使用人の熊吉も
大久保利通(大久保正助、大久保一蔵)~詳細版~日本史上最高の政治家
伊集院須賀と伊集院兼善・伊集院兼寛とは~西郷隆盛最初の妻である須賀はどうして離婚したの?
西郷隆盛の魅力や人気の秘密は?なぜみんなから慕われるのか?
天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ) 薩摩・島津家から徳川将軍の御代に
島津久光(島津忠教)とは 薩摩藩の実権を握り維新へと功績を残す
島津斉彬とは~西郷隆盛・大久保利通、そして島津久光と薩摩藩での関係をわかりやすく
愛加那と西郷菊次郎・菊草~西郷隆盛が奄美大島で愛した家族のその後
奄美大島にある西郷隆盛の史跡~西郷松と西郷南洲謫居跡への行き方
西郷糸子とは~西郷隆盛3番目の妻の生涯~武町屋敷跡と南洲野屋敷跡
田原坂の戦いと吉次峠の戦い~西南戦争最大の激戦地と見どころ
南洲神社と南州墓地~西郷隆盛の墓など幕末の志士が眠る墓所【鹿児島観光】
城山~鹿児島の桜島を望む有名観光スポット(夜景も日出もキレイだよ)
西郷隆盛ゆかりの地を効率よく巡る方法と見どころ紹介~鹿児島・奄美大島編

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る