西郷吉二郎~西郷隆盛の弟として戊辰戦争に赴くも戦死する


スポンサーリンク
スポンサーリンク

西郷吉二郎(さいごう-きちじろう)は、1833年に薩摩藩士の西郷吉兵衛の次男として生まれました。幼名は金次郎。
母は満佐(椎原国紀の娘・まさ)で、兄に西郷吉之助(西郷隆盛)がおり、弟に西郷従道がいます。

西郷吉二郎と言う名で通っていますが正式な名前は西郷隆広となります。

1852年に父・西郷吉二郎が死去すると、兄の西郷隆盛が西郷家の家督を相続しました。

スポンサーリンク


1854年(安政元年) には、東郷平八郎に対して、西郷吉二郎が習字を教えていたとあります。
1857年(安政4年)、西郷吉二郎は御勘定所書役を務めていました。

西郷吉二郎の妻は、有馬九之丞の娘・マスですが、後妻は仁礼平蔵の妹・園です。

1862年に兄・西郷隆盛が2回目の配流となって、沖永良部島へ送られた際に、西郷家は知行と家財が没収されています。
そのため、弟の西郷小兵衛(さいごう-こへえ)と西郷吉二郎は遠慮となり、もうひとりの弟・西郷信吾(西郷従道)は謹慎処分となりました。

遠慮(慎み)と言う罪(刑罰)は、基本的に、自宅での籠居(ろうきょ)を命じたもので他者の出入りを制限なし。
夜間になると秘かな外出は黙認されていたようです。
西郷吉二郎は沖永良部島の土持政照充てに手紙を送っています。

謹慎は遠慮よりも厳しい処分で、家族や雇い人以外との接見や通信は禁止でしたが、夜間は同様に目立たなければ外出は許されていました。



のちに西郷隆盛は常に「自分が国家の為、ご奉公できるのは、弟の吉二郎が自分に代わって兄の責務を果たしてくれていたからだ」と評しています。
このように、江戸に滞在することの多い兄・西郷高森に代わって、西郷家の取り仕切り、薩摩では名代も果たしていました。

1868年、戊辰戦争の際には番兵2番隊監軍として越後に出兵しています。
しかし、長岡城の戦いに参加し、1868年8月14日、越後国五十嵐川付近(新潟県三条市)での戦傷がもとで、西郷吉二郎は戦死しました。享年36。
葬所は越後高田で法名は義勇軒猛道忠逸居士。
1869年(明治2年)11月11日、西郷吉二郎の遺族に対して、扶持米70俵を、30年連続の下賜となっています。

2018年NHK大河ドラク「西郷どん」では、渡部豪太さんが西郷吉二郎を演じます。

<西郷どんの家族>

西郷龍右衛門(西郷隆充)~西郷隆盛のお爺さん
西郷吉兵衛と西郷満佐子とは~西郷隆盛の父と母と使用人の熊吉も
西郷琴とは~西郷隆盛の妹で西郷家の長女である西郷コト・市来琴の生涯
西郷従道~ロシアから日本を守った影の立役者(西郷隆盛の弟)
西郷小兵衛とは~高瀬の戦いにて銃弾に倒れた西郷隆盛の末弟
伊集院須賀と伊集院兼善・伊集院兼寛とは~西郷隆盛最初の妻である須賀はどうして離婚したの?
愛加那と西郷菊次郎・菊草~西郷隆盛が奄美大島で愛した家族のその後
西郷糸子とは~西郷隆盛3番目の妻の生涯~武町屋敷跡と南洲野屋敷跡
南洲神社と南州墓地~西郷隆盛の墓など幕末の志士が眠る墓所【鹿児島観光】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る