育み  長州藩独特の制度


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 育み (はぐくみ) は、武家の家柄などに関係なく、他家の優秀な子などを自分の養子にしたり、その逆で家禄の高い武家の養子になることで、立身出世への道を拓く、長州藩独特の制度。

 幕末には時局対応の目的から、優秀な人材登用策としても用いられた。

 足軽中間の身分だった伊藤利助(伊藤博文)が、 大組士・米原良蔵の「育み」となり、表舞台にて活躍することができたのは、その代表例として知られる。

 1852年に、脱藩した罪で、吉田松陰に裁決が下された際には、吉田松陰は家禄没収と藩士の身分をはく奪されたが、実家の父・杉百合之助の育みになるよう命じられているが、この場合は保護観察下に置くと言う意味合いがある。

 すなわち、藩士では無くなり、自由の身である浪人となったが、藩士で実父である杉百合之助が育み役となる事で、単なる浪人とはまた少し違い、藩とは父を介して繋がっていたのだ。

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る