育み  長州藩独特の制度




 育み (はぐくみ) は、武家の家柄などに関係なく、他家の優秀な子などを自分の養子にしたり、その逆で家禄の高い武家の養子になることで、立身出世への道を拓く、長州藩独特の制度。

 幕末には時局対応の目的から、優秀な人材登用策としても用いられた。

 足軽中間の身分だった伊藤利助(伊藤博文)が、 大組士・米原良蔵の「育み」となり、表舞台にて活躍することができたのは、その代表例として知られる。

 1852年に、脱藩した罪で、吉田松陰に裁決が下された際には、吉田松陰は家禄没収と藩士の身分をはく奪されたが、実家の父・杉百合之助の育みになるよう命じられているが、この場合は保護観察下に置くと言う意味合いがある。

 すなわち、藩士では無くなり、自由の身である浪人となったが、藩士で実父である杉百合之助が育み役となる事で、単なる浪人とはまた少し違い、藩とは父を介して繋がっていたのだ。

[RSSImport display=”5″ feedurl=”https://jpreki.com/feed/” before_desc=”
” displaydescriptions=”TRUE” after_desc=” ” html=”FALSE” truncatedescchar=”200″ truncatedescstring=” … ” truncatetitlechar=”” truncatetitlestring=” … ” before_date=” ” date=”FALSE” after_date=”” date_format=”” before_creator=” ” creator=”FALSE” after_creator=”” start_items=”

    ” end_items=”

” start_item=”

  • ” end_item=”
  • ” target=”” rel=”” desc4title=”” charsetscan=”FALSE” debug=”FALSE” before_noitems=”

    ” noitems=”No items, feed is empty.” after_noitems=”

    ” before_error=”

    ” error=”Error: Feed has an error or is not valid” after_error=”

    ” paging=”FALSE” prev_paging_link=”« Previous” next_paging_link=”Next »” prev_paging_title=”more items” next_paging_title=”more items” use_simplepie=”FALSE”]



    高田哲哉日本の歴史研究家

    投稿者プロフィール

    (株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
    20年以上、歴史上の人物を調査している研究家です。
    日本全国に出張して史跡も取材させて頂いております。
    資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    Twitterfollow

    共有御礼申しあげます



    ページ上部へ戻る