調所広郷~下級武士から家老となり薩摩藩の財政赤字を黒字にした逸材


スポンサーリンク
スポンサーリンク

調所広郷(ずしょ-ひろさと)は、薩摩藩の城下士(下級藩士)・御小姓組の川崎主右衛門基明(川崎兼高)の次男として、1776年2月5日に生まれました。

天明8年(1788年)、に、同じ御小姓組の調所清悦の養子となります。
そして、寛政2年(1790年)、調所清悦と改名すると、表坊主(茶坊主)として出仕しました。

1798年には江戸に赴き半年ほど勤めた後、御隠居御付の奥茶道となります。
奥茶道と言うのは、茶道師範として、藩主などに作法を教えたりする、茶道の筆頭に近い役目となります。
この時、隠居していた前藩主・島津重豪に才能を見出されました。

スポンサーリンク


調所広郷は、大工の事は大工に、商売の事は町人に、農業の事は農民にと、その道に詳し者から勉強していたようです。
そして、聞かれたことは、即座に回答でき、また、明け方まで書き付けをするなど、大変勉強に熱心な青年だったとされます。

そして、1804年頃、藩主・島津斉興島津斉彬島津久光の父)の奥茶道として仕えるようになりました。

その後、頭角を表し、1814年、38歳の時には、薩摩藩重役の御小納戸に抜擢され、蓄髪を許されると言う異例の出世を果たし、名も調所笑左衛門と改めました。
また、使番・町奉行などを歴任した他、小林郷地頭や鹿屋郷地頭、佐多郷地頭を兼務します。

そして、500万両ともされる巨額な薩摩藩の財政赤字を打破するため、1824年に調所広郷は、唐物貿易の調達掛を命じられ、琉球や清との密貿易にも携わります。

また、奄美大島などの砂糖を藩内産物として買上げて藩の専売とし、藩債を富豪に強制的に購入させるんどして、巨額の資金を調達し、財政を立直そうとしました。

1832年には家老格に、そして、1838年には、ついに家老にまで出世します。

そして、天保11年(1840年)には、250万両の蓄えが出来るまで、財政を回復させ、幕末期では国内屈指の富裕藩となります。

しかし、島津斉彬と島津久光による争いであるお由羅騒動となると、調所広郷は島津久光に味方します。

実権を握りたい島津斉彬は、幕府老中・阿部正弘らに、薩摩藩が密貿易をしていると言う情報を流したため、1848年、江戸にいた調所広郷は徳川幕府から尋問を受け失脚します。
そのとき、調所広郷は責めを一身に負い、薩摩藩上屋敷芝藩邸にて毒をあおって自殺したと言われています。
嘉永元年(1848)12月18日のことでした。享年73。

調所広郷の家は、島津斉彬によって家禄と屋敷を召し上げられ、家格が下げられています。



ただし、調所広郷の三男・調所広丈(読みをちょうしょに改称し、ちょうしょ-ひろたけ)は、戊辰戦争と箱館戦争に参加し、のち北海道開拓使となります。
その後、札幌農学校初代校長・札幌県令・高知県知事・鳥取県知事・貴族院議員など、父と同じように本領を発揮し、最後には男爵に叙されて華族となり、明治政府に貢献しています。

島津斉彬とは~西郷隆盛・大久保利通、そして島津久光と薩摩藩での関係をわかりやすく
島津久光(島津忠教)とは 薩摩藩の実権を握り維新へと功績を残す
島津斉興と自身の長男である島津斉彬との確執をわかりやすく
赤山靭負と島津久徴が目指した島津斉彬の擁立とお由羅騒動との関係
お由羅騒動とお由羅の方を簡単にわかりやすく解説
西郷隆盛 【西郷吉之助】の波瀾な生涯が写真付きで「まるっとわかる」詳細版

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

あなたの思いを下記に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る