岡本健三郎とは~下横目として監視役を務めた土佐藩士


スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡本健三郎(おかもと-けんざぶろう)は、幕末の1842年10月13日に土佐郡潮江村(高知市)にて生また土佐藩士です。

父は、土佐藩士の岡本亀七で、母の名は寅となります。

岡本健三郎は土佐藩では下横目(した-よこめ)と言う下士となったようです。
今で申し上げますと警察の下っ端、江戸幕府で例えると、同心の下で働いた「岡っ引き」のような役割です。
岩崎弥太郎ものち下横目を担当しています。

スポンサーリンク


坂本龍馬中岡慎太郎とも交流すると、国事に奔走しました。
しかし、岡本健三郎は下横目であり、脱藩はしていなかったようで、海援隊にも入っていません。
後藤象二郎の命を受けた調査役(スパイ)だったとする説もあります。

慶応3年(1867年)には、後藤象二郎の依頼を受けた坂本龍馬は、山内容堂の書状を持って越前へ出向き、松平春嶽の上京を促しています。
この時、岡本健三郎も坂本龍馬と一緒に松平春嶽を訪ねており、福井城下の烟草屋(たばこや)では、由利公正(三岡八郎)と坂本龍馬の会談に同席して、世直し後の経済政策を聞いたとされています。

その足で京都に戻ると、坂本龍馬暗殺事件となります。
伏見の近江屋において、坂本龍馬と中岡慎太郎が襲撃・暗殺された「寺田屋事件」の直前まで、岡本健三郎も同席して同じ部屋にいました。
しかし、別用にて退席したため、岡本健三郎は難を逃れています。

明治維新後は、大阪府にて勤務し、土木頭、治部司、太政官権の判事から、大蔵大丞を歴任しました。

明治5年(1872年)、万博博覧会の視察でオーストリアへ派遣されています。

明治6年(1873年)、明治六年政変にて板垣退助らと下野し、民選議院設立建白書を作成に参加しました。

明治11年(1878年)、西郷隆盛が西南戦争を起こすと、その機に乗じて立志社挙兵計画にて蜂起しようとし、小銃の弾薬を購入を企てた容疑にて投獄されます。
禁固2年となり出獄すると、板垣退助の自由党に加入しました。
また、実業家として活動を始め、明治18年(1885年)、日本郵船会社が創設されると理事にもなっていますが、明治18年12月26日に死去しました。
享年44歳。



なお、日本郵船は、岩崎弥太郎が築いた三菱財閥の中核なる会社です。
岩崎弥太郎は、坂本龍馬暗殺の仕掛人ともする説もありますので、岡本健三郎が厚遇されつつも、日本郵船に入って僅かの期間の44歳で亡くなった訳も気になるところです。

記事トップの写真は、京都四条河原の薬種店亀田屋の娘・タカと、土佐藩士・岡本健三郎とされています。

永井尚志~幕府旗本から若年寄まで大出世した有能な官僚
岩崎弥太郎とは~土佐の貧乏郷士から三菱財閥創業への道
松平春嶽 越前福井藩主で幕末期に活躍した名君
中根雪江~松平春嶽の片腕として公武合体や一橋慶喜の擁立に奔走
坂本龍馬とは?【坂本龍馬の人物像】詳細版~どのような人物だったのか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...


メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る