後藤象二郎 (1) 有能な知恵者であった土佐藩士


スポンサーリンク
スポンサーリンク

幕末の土佐藩士で、明治の政治家である後藤象二郎(後藤象次郎、ごとうしょうじろう)について、年表式にて紹介していく。

父は土佐藩士・馬廻格の後藤正晴(後藤助右衛門正晴)。後藤象二郎は長男として1838年3月19日に誕生した。母は大塚氏。幼名は保弥太(やすやた)、のちに良輔(りょうすけ)、そして象二郎に改名。
後藤家は高知城下片町(与力町)にあり、150石の家禄で土佐藩では上士であった。(320石とも)

下記は高知城下にある後藤象二郎誕生地の石碑。

後藤家は一説によると、後藤家の祖先は後藤基次(後藤又兵衛)であると言う。後藤基次(後藤又兵衛)は、大坂の陣で豊臣勢に加わり、徳川勢を苦しめた武将である。その後藤基次(後藤又兵衛)の遺児が播州侍になり、その後、土佐に入った山内一豊に250石で取り立てられたとも伝わる。

後藤象二郎の生家近くには板垣退助や片岡健吉の屋敷があり、幼少の頃からの友人であったようだ。
後藤象二郎が11才の時に父・後藤正晴を亡くす。その後は叔母の琴子が吉田東洋の妻という縁があり、吉田東洋の元で生活したようだ。その後、吉田東洋が開いた少林塾(鶴田塾)にて学ぶ。竹馬の友であった板垣退助や、岩崎弥太郎らとも一緒に学んだと言う。
また、ジョン万次郎が土佐に戻った際に、吉田東洋邸に招かれたジョン万次郎から世界地図を譲り受け、海外の知識も得たと言われている。
叔父の吉田東洋が1857年に参政に復帰すると、後藤象二郎は1858年、吉田東洋の推挙により22歳の若さで幡多郡の郡奉行に就任。このように吉田東洋は、門閥政治打破・流通機構の統制強化・洋式兵器の採用などの藩政改革を進めるため、岩崎弥太郎など有能な人物を取り立てた。

スポンサーリンク


1860年9月に幕府から給付された大坂の敷地に、土佐藩の大規模な屋敷を建設することが決まり、後藤象二郎が普請奉行に就任している。土佐から人夫・大工・木材を持ち込み完成させた。
その後、後藤象二郎は1861年には御近習目付に昇進。この年の秋に土佐藩の下士を中心に尊皇攘夷を唱えた土佐勤王党を武市半平太が立ち上げている。
開国・公武合体を唱えていた1862年4月8日に吉田東洋が土佐勤王党に暗殺されると、吉田東洋派は失脚し、後藤象二郎も藩の役目を辞して、江戸に行き、幕府の開成所にて蘭学や航海術を学び、大鳥圭介から英語も学んだ。開成所は東京大学の前身である。
土佐では前藩主・山内容堂が土佐藩の実権を握ると1863年9月より土佐勤王党は弾圧され始める。
後藤象二郎は土佐に戻り、1864年4月、岩崎弥太郎らと共に「開国策」の意見書を山内容堂に提出。すると1864年7月に大監察に抜擢されて藩政に復帰し、尊皇攘夷派の武市半平太などを切腹させるなど、1865年5月まで土佐勤王党を弾圧する。その後、参政に任命され産業・貿易などの経済政策を推し進めた。西洋風の科学教育振興のための総合的施設「開成館」を1866年2月に創立。後藤象二郎は開成館の総裁を務め、産物を藩の専売品として長崎や大坂で販売し、得た資金を使い、新技術の導入や人材育成をはかろうとした。
1866年にはジョン万次郎と共に上海まで出かけて、船を3隻購入するなど、武力面の増強も図るが、開成館はうまく行かず、1867年に岩崎弥太郎を土佐藩の商務組織・土佐商会の主任、兼・長崎留守居役に抜擢し、岩崎弥太郎はを開成館の長崎商会に配置した。
しかし、土佐藩の財政難や文明の遅れを心配した後藤象二郎は、同じ土佐藩士で亀山社中を作って貿易していた坂本龍馬に注目する。

後藤象二郎(2) 坂本龍馬と共に幕末で活躍 に続きます

岩崎弥太郎とは~土佐の貧乏郷士から三菱財閥創業への道
坂本龍馬とは?【坂本龍馬の人物像】詳細版~どのような人物だったのか?
5分でわかる土佐藩「吉田東洋」の波乱な生涯と私塾・鶴田塾
山内容堂 幕末を語る上で欠かせない酒豪の土佐藩主
中岡慎太郎とは 薩摩藩の脱藩浪人と近江屋事件
武市半平太とは~一藩勤王の理想をかかげ土佐勤王党を設立する
板垣退助 われ死すとも、自由は死せず 自由民権運動に注いだ偉人
四国「高知」の戦国時代の史跡から幕末史跡まで場所がわかる便利観光地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る