好きな幕末の志士ランキング中間結果発表【第1回】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイト主催にて、2014年12月からアンケートを取っている「好きな幕末の志士は?」ですが、お陰様で、有効回答数が1157件となりました。
ご投票を賜りました皆様、本当にありがとうございます。
ちょっとデータを見ますと、なかなか面白い結果が見えてきますので、2015年7月3日20時現在にて、約8ヶ月間の人気投票の結果とデータ分析を行った結果をお知らせしたいと存じます。

人気投票の順位は下記の通りになっています。

(1位)坂本龍馬459票
(2位)高杉晋作450票
(3位)吉田松陰378票
(4位)土方歳三300票
(5位)勝海舟244票
(6位)久坂玄瑞203票

スポンサーリンク


坂本龍馬

見事、1位となった坂本龍馬ですが、幕末の人気志士としてはもはや定番ですね。

各画像はクリック(タップ)すると拡大します。
上記のデータから見ますと、坂本龍馬は10代~30代の支持は平均以下ですが、40代~60代以上の方から多くの支持を集めていることがわかります。
ちょっと、若い方からの指示数が少ないのが、将来的に気になりますが、まぁ、さすが1位ですね。
坂本龍馬の詳細はこちら

高杉晋作

2位に入りました高杉晋作ですが、下記のデータをご覧になってください。

アンケートの全体では、男性の投票が60%で、女性の投票が40%と、幕末に興味をお持ちの方は、男性の方が元々多いようなのですが、なんと高杉晋作を支持する男性の割合は、67%まで上がっています。
すなわち、男性から好かれている高杉晋作と言えるでしょう。
高杉晋作の詳細はこちら

吉田松陰

3位は吉田松陰でした。大河ドラマ「花燃ゆ」の影響があるのかな?と感じましたが、データ的にもその傾向が顕著に表れています。

上記のデータを良くご覧ください。
都道府県別の全体では、人口に比例するように、東京、大阪、神奈川、埼玉ときて、まぁ、大河ドラマの影響で、山口も上位に入ってはいるのですが、吉田松陰に関しては、更に山口県が大阪を抜いて2位に入っています。
山口県にお住いの多くの方が、吉田松陰に投票したとも言えるでしょう。
それだけ、今回の大河ドラマも山口県にお住まいの方には人気なのでしょうが、いかんせん、山口県の人口は144万人でして、テレビの視聴率にも1%程度しか貢献しないのですね。
もし、東京が題材であったならば、もちろん東京の人が全員興味を持って見る訳ではないですが、視聴率に10%貢献してたかも知れません。

もう1つ、吉田松陰には面白いデータがあります。
50代と60代以上からの指示が多いのですが、意外と、10代の若い方からの支持もあるのですね。
なぜ、坂本龍馬などよりも、10代の方の指示が多いのか、理由はわかりませんが、これは大河ドラマの影響ですかね?
吉田松陰の詳細はこちら

土方歳三

幕末の志士で女性からの人気No1とも言える土方歳三ですが、アンケートでもそのデータがハッキリとでました。

ほとんどの志士では全体のデータどおり、男性の方の指示が多い志士が大半ですが、土方歳三に限っては、上記の通り、女性率が男性よりも多いという結果になっています。
順位的にも、今年に花燃ゆがやっていなければ、もっと上位に食い込んだはずです。
しかし、これほど、女性にも人気があるのに、花燃ゆでの新選組は、近藤勇沖田総司しか出ません。
このあたり、NHKさんも良く考えて、登場人物を決めないといけなかったのでは?と思うのは、私だけでしょうかね?
1人くらい増やしても、よかったでしょうに?
土方歳三の詳細はこちら

勝海舟

5位は勝海舟でした。この順位には意外だったような気もするのですが、皆様のご感想はいかがでしょうか?

勝海舟も、吉田松陰と同様に、50代と60代以上からの指示が多いように感じます。
勝海舟の詳細はこちら

久坂玄瑞

順位の公表は5位までにしようかと思っていたのですが、6位は久坂玄瑞でしたので、取り上げてみました。

久坂玄瑞のこのデータ結果には理解に苦しみますが、10代と20代からの指示が多くて、あと50代からの支持もあります。
しかし、40代が少ない・・。?
よくわかりませんが、おもしろい結果でした。
久坂玄瑞の詳細はこちら

以上、あまり細かくデータが取れる訳ではないのですが、皆様の投票結果を受けての中間発表でした。
また、折を見まして、適切な時期に、第2回の発表もしたいと存じます。
最後までご覧頂きましたこと、深く御礼申し上げます。

あと、アンケートじたいは継続していますので、1度回答した方も、まだ回答していない方も、是非、下記よりご協力賜りますと幸いです。
その他の順位なども下記より入って「結果を見る」からご覧頂けます。

好きな幕末の志士アンケート

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る