尾高千代 (渋沢千代) とは 渋沢栄一の最初の正妻

尾高千代(渋沢千代)



尾高千代(おだか-ちよ)は、武蔵国榛沢郡下手計村(埼玉県深谷市下手計)の名主・尾高保孝(尾高勝五郎保孝)と、尾高やへの3娘として、1841年に生まれました。
母・尾高やへは、渋沢栄一の父である渋沢元助(渋沢市郎右衛門元助)の姉と言う事になります。

兄・尾高惇忠(尾高新五郎)が、私塾・尾高塾を開いて、近隣の子供たちに論語などを教えた際に、渋沢栄二郎(渋沢栄一)も数年間通いました。
この縁もあったようで、1858年(安政5年)12月7日に、尾高千代(18歳)は渋沢栄一(19歳)と結婚しました。



1858年と言いますと、江戸幕府が日米修好通商条約を結び、大老・井伊直弼が安政の大獄を始めたと言う激動の年です。
1859年には横浜港が開港しますが、尊王攘夷の機運は高まるばかりで、1860年には桜田門外の変で、井伊直弼が水戸藩士らに暗殺されました。

1861年から、渋沢栄一は、江戸に出て海保漁村の門下生となっています。
1862年、長男・渋沢市太郎が生まれましたが、僅か6ヶ月ほどで亡くしています。
1863年、水戸学信奉者であった兄・尾高惇忠は渋沢栄一らと決起して、高崎城を襲撃する計画を立てました。
その後、長州藩と連携し、江戸幕府を倒す倒幕計画を立てますが、京から戻った尾高長七郎が説得して中止しています。
兄弟の尾高長七郎は、家から離れられない兄に代わって、江戸にて遊学し、長州・水戸・宇都宮など藩士と交流がありました。

その後、渋沢栄一は、父親から勘当されたと言う事にして、尊王攘夷の活動のため京に赴きます。
しかし、1863年、八月十八日の政変の直後であったため、行き詰まって、江戸遊学の際に交際があった一橋家の家臣・平岡円四郎の推挙を受けて、一橋慶喜(ひとつばし-よしのぶ)に仕えることになりました。
そのため、江戸に屋敷を構えたようで、武家の妻となった渋沢千代も江戸に出たものと推測され、中の家は、渋沢貞子が家を守ったようです。
ただし、同じ年の1863年に長女・渋沢歌子が誕生しています。
しかし、渋沢栄一は、武蔵・下野・下総・越後・摂津・和泉・播磨・備中など、一橋家の領内を巡回して、農兵集める仕事をしましたので、引き続き、ほとんど家にはいなかったものと推測されます。



主君が徳川慶喜となって、15代将軍になると、1867年、パリ万博へ出席する徳川昭武の随行員として、渋沢栄一はフランスへ渡航しました。
そして、海外から、渋沢千代の弟である尾高平九郎を、名目養子にするように、手紙を出しています。
そのため、江戸にて、渋沢千代と渋沢平九郎(尾高平九郎)は、共に生活するようになった模様です。

鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れて、江戸に新政府軍が進軍すると、渋沢平九郎は、渋沢成一郎の軍勢に加わり、飯能戦争にて行方不明となりました。

渋沢栄一らは、新政府から帰国を命じられ、マルセイユから横浜港に向けて出港すると、1868年11月3日に帰国しました。
その後、渋沢栄一は、駿府で謹慎を続ける徳川慶喜に面会し、明治2年(1869年)1月には、静岡で商法会所を設立しました。
その後、大隈重信に説得され、10月には大蔵省に入省します。
そして、官僚、実業家として、渋沢栄一は実力を発揮して行くのでした。

明治に入ってからですが、渋沢千代は、渋沢千代子と書く場合も多いです。



なお、渋沢栄一には庶子も多く、結婚前の1853年に、大内くにとの間に、庶子・ふみを設けており、のち尾高惇忠の子・尾高次郎の妻になっています。
また、生年は不明ですが、おなじ、大内くにが産んだ庶子・照子は、渋沢千代の姉の子である大川平三郎に嫁ぎました。

渋沢千代の経歴

尾高千代(渋沢千代)は、幕末の1841年生まれ
父:尾高勝五郎氏の三女
母:尾高やい は榛沢郡血洗島村の出身

兄:尾高惇忠(尾高新五郎)
兄:尾高長七郎
姉:尾高みち → 大川脩三に嫁ぐ
弟:尾高平九郎 (のち養子に迎える)

2人の間の子供

長男:渋沢市太郎(1862年生まれ) (6ヶ月で早世)
長女:渋沢歌子(1863年生まれ) → 穂積陳重に嫁ぐ
次女:渋沢琴子(1870年生まれ) → 阪谷芳郎に嫁ぐ
次男:渋沢篤二(1872年生まれ)
三女:渋沢糸子 (早世)
養子:尾高平九郎 (渋沢千代の弟 )



千代の性格:気丈で内助の功あり
没年:明治15年(1882年)7月14日。享年42。
死因:コレラに罹患し病没
死去した場所:東京の飛鳥山自宅

渋沢栄一は、翌年に、伊藤兼子と再婚しました。
伊藤兼子の父は、川越の大富豪・伊藤八兵衛となります。

渋沢栄一とは 日本の実業界・社会福祉・教育などに大きく貢献
渋沢成一郎(渋沢喜作)とは 彰義隊・振武軍のリーダー
尾高惇忠(尾高新五郎) 富岡製糸場の初代場長
尾高平九郎(渋沢平九郎)とは 渋沢栄一の養子になった飯能合戦の勇士
青天を衝け キャスト・出演者一覧リスト【NHK2021年大河ドラマ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitterfollow

共有御礼申しあげます



メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る