山本覚馬 (1) 会津藩の砲術指南役


スポンサーリンク
スポンサーリンク

山本覚馬(やまもとかくま)は会津藩・砲術指南役・山本権八の長男として鶴ヶ城近くの武家屋敷にて1828年1月11日誕生。母は佐久。

山本家の遠祖は甲州流軍学、武田信玄の軍師でも知られる山本勘助が祖であると言われる。

会津藩において山本家は、代々兵学をもって藩に仕えた。妹に山本八重がいる。

山本覚馬は4歳で唐詩選の五言絶句を暗唱したとされる。

藩校日新館でも頭角を現し、22歳の際、大砲の砲術を学ぶべく、藩命で江戸に出て武田斐三郎、勝海舟らがいた佐久間象山の塾に入った。

その後、山本覚馬は、つねづね佐久間象山、横井小楠、勝海舟を三傑にあげている。

23歳の頃には弓馬槍刀と4つの師伝を得て、藩主より賞を受けている。

1853年8月、25歳の山本覚馬は軍事奉行の林権助の江戸随行員にえらばれ、江戸藩邸勤番を命じられ、出大木衷城に蘭書を学んだほか洋式砲術の研究を深めた。

28歳になり会津に戻ると、会津藩校・日新館の教授となり、日新館に蘭学所を開設した。

時代はペリーが来航し時代の激動が始まろうとしていた。

山本覚馬は会津藩の槍・刀から脱却した武器改良の必要性を説き、火縄銃の廃止唱え、西洋式銃を導入した主力部隊の編成を訴えた。 長沼流兵法という古い軍隊制度を採用していた会津藩であり、鉄砲は下級足軽が持つ武器であり、上級武士は刀や槍で戦うと言う会津藩士の美徳が優先された為、山本覚馬は、実際に西洋銃の威力を示し、刀や槍では西洋銃に通用しないことを証明もしたが、この頃の会津藩はまだ固くなで新しい意見はなかなか採用されず、会津藩内の保守派から批判を受け1年間禁足処分(自宅謹慎)となった。

山本覚馬は禁足処分中も西洋式銃の導入を主張し会津藩士を説得し続けり、大砲奉行の林権助の助力もあり、ようやく改革の意見が取り入れられると、山本覚馬は職俸15人口を給し、軍事取調役
兼 大砲頭取に抜擢された。

江戸で親しくなった川﨑尚之助が会津藩校日新館に蘭学所が設置されたことを知り、山本八重の兄・山本覚馬を訪ね、会津・日新館で教授を務めることになり、その縁で山本家に寄宿した。日新館の蘭学所教授は、山本覚馬と南摩綱紀の2人だけだったが、川崎尚之助と古川春英の2人が加わり、蘭学所は充実したのだ。

スポンサーリンク


1857年、山本覚馬と樋口うら (樋口宇良)が結婚。

1860年、長女が誕生するも夭折。

1862年(文久2年)夏に次女・山本みね(峰、峯)を出産。

その7ヶ月後、藩主・松平容保京都守護職に就任すると、軍事奉行・林権助を補佐する為、山本覚馬も京に上り、黒谷本陣で西洋式軍隊の調練に当たるとともに、蘭学所を開いては、在籍藩に関係なく志ある者の為に洋学の講義を行った。以後、山本覚馬は会津の地を踏むことは無かった。

1864年7月11日、佐久間象山が京都で暗殺された際に、山本覚馬は真っ先に駆けつけたと言う。

1864年7月19日、禁門の変では砲兵隊を率いて参戦。山本覚馬は門を開いて突進し、門外において大激戦を展開したと言う。

山本覚馬や中沢帯刀は、大砲隊を率いて鷹司邸に駆けつけると、鷹司邸に砲撃して壁を打ち崩す。さらに、西洋式銃で射撃を加えて立て籠もっていた長州軍・国司信濃の兵士を全滅させた。

この勲功により公用人に任ぜられ、3人扶持が増加し、13人扶持になっている。

これにより山本覚馬は幕府や諸藩の名士等と交わる機会が増え活動範囲を広げるが、眼病を患い殆ど失明同然の状態になる。

山本覚馬が武器の買い付けで長崎を訪れたさい、オランダ人医師ボードインの診察を受けたが、失明は時間の問題と言われた。

失明の原因は禁門の変での破片による損傷、鉄砲や大砲の煙硝が影響、また持病の白内障の悪化などと考えられているが詳細不明。

山本覚馬は御所に出仕していた小田勝太郎と仲が良く、その妹・13歳の小田時栄が、山本覚馬の身の回りの世話をした。

失明という障害を負いながらも、暗殺された佐久間象山の遺児・佐久間恪二郎の世話を勝海舟から頼まれて引き受けたほか、勝海舟から西周を紹介され、西洋事情の見聞を広めたのもこの頃である。

のち山本覚馬は西周の主著『百一新論』を出版した。

佐久間恪二郎は山本覚馬の勧めもあったようで、新選組に入隊している。

西洋銃と大砲に精通した会津藩士は、山本覚馬と川崎尚之助の2人だけだったが、川崎尚之助(山本八重の夫)は正式な会津藩士ではなかったため、会津に残っていた。

山本覚馬は川崎尚之助を京都へ送るよう、会津藩に要請していたが、川崎尚之助が会津藩士ではなかったため、要請は認められなかった。

1865年頃、山本覚馬の妹・山本八重が川﨑尚之助と結婚。

山本覚馬が川﨑尚之助の才能を見抜き、会津藩士にと願った面もあったようだ。

失明状態の山本覚馬は、公用の職から身を引いて、清浄華院において静養していたようだ。

1867年5月、山本覚馬は、ドイツ「レーマン商会」のカール・レーマンにシュンドナールド・ゲベール銃(ドライゼ銃)を1300挺注文。(うち300挺は紀州藩の代理注文)

カール・レーマンは、山本覚馬の西洋式銃に対する知識の深さに驚き、山本覚馬の才能を認めたが、大量の在庫が日本になかったため、山本覚馬に300挺だけ先に納品し、カール・レーマンは調達の為。本国ドイツへと戻った。

残りの700挺は、明治に入った1869年(明治2年)6月29日に神戸へ届くが、既に戊辰戦争は終わっており、この銃は明治政府が買い取った。

しかし、会津藩(斗南藩)は先に受け取った在庫300の代金を払っていなかったため、カール・レーマンから訴訟を起こされている。

1868年、山本覚馬は鳥羽・伏見の戦いに際しては、このままだと会津藩が賊名を得ることを憂い、会津勢を説得するため伏見に駆けつけたが、すでに道路は新政府軍に封鎖されており、やむなく山科より京にはいって、会津藩は朝廷に敵する意のないことを申し開きしようとした。しかし、途上で薩摩兵に捕えられ薩摩藩邸に収容された。

※別説では出入りの商人らに頼み、荷車に食料を積み、会津藩兵に届けようとして京都を出るも捕えられたとも。

薩摩藩は最初すぐに殺害しようとしたが、山本覚馬の優秀さを知っている者がおり、一命は許され、以後は獄中とは言え丁重に扱われたと言う。

この幽閉中に獄中の仲間たちと政治・経済・教育など日本の将来を幅広く談じ、21項目に及ぶ建白書「管見(かんけん)」を提出。これを読んだ小松帯刀西郷隆盛らは益々敬服し、一層待遇を良くしたという。

目が見えない為、同じく収容されていた会津藩士の野沢鶏一が筆記したと伝わる。

→ 山本覚馬 (2) に続きます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

Loading Facebook Comments ...

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る